×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

輸送戦線を語る 鉄道省運輸局長 長崎惣之助

l、輪蓬の封粟
国有絨邁はどんな放浪封策をとつてゐるか.こんな穎をすると、交
泣地獄だ、やれ酔蓮難だと晋ほれてゐる常今、泣官か、帝解かとスサ
イツチを切られて終ふかも知れません.然し泣言や締餅は申しません.
今日の敬逸は・lしれに直捷繍係ある著の努力だけでは.打粥困難な難
局に直面してゐるので、その間の事冊を申上げ、全開民の御協力を切
望致したいのであります.
 両者靖邁は事鍵以来.涛【に、事柄の新準停革堵及操車場の摘張
線路の鎗設、荷役設備の強化等、主審な鞋健の増強に全力をつくして
東たのであります.然し、資材、生産力専の娘係上、どれもこしれも竣
濯洩り進まぬ上に、あるものは大陸に持出さねばならねので、串艶前
に放べて、怜邁丑は、入劇も謂増したのに、設備ほ、多くもこ二三飼
犬部分ほ一朝内外しか増してをらぬのであります。
 そこで設備の不足を人手で補ふことにも努めたのであります.理備
良をおいて訓練する.養成と教習の熊野で臓充†る。その他色々の方
法によつて・人手の補強を出水るだけ蝮時間に間に合せょうと、点合
の努力を致したので・徒事邑の敷は、事艶前に扱べて、三割程材した
のであ巾ます・然し・その繁質は、甚だ心細い。と申しますのは、昨
今の新規採用にほ、必ずしも素質の壊れたものをとれなくなつた鹿へ、
秒からね熱拙者を、大陸に沢達しなければきりないので、未払者の舶
合がドンドンふえるからであります.
 かくて・経営方針の恩ひ切つた大路換と、現有設備の満座憐率化と
いふ.第三の手も打つたのであります.
 その一ほ・人手がかゝウ、資材が鉄分に婆つて不鮨瀦でも、設頼の
検査や修繕を矩時間に仕上げて、遊びを少く†る.
 その二ほ・普段なら隠居させる設備でも、入念に手入れをして、等
】挽に動員すろ。
 その三ほ・棋関壌は緒一パイに車を引張り、客車や突串は托きも浬
へりも無駄なく勅くやうにする.
 その四は、轟り牲h一を整理するとか、戎邁自娃の作業を滑かに†る
とか・汽車は年中休みなしだからこれと調子を合せた荷役を輿伸する
とかして、事が停滞しないやうにする。
 その五ほ、石窄電力、ガyリyの滑我節約に努めながらも、壱
ヰを確度に切りつめたり・運舶の方法穀改毒したりして、列車の同数
を椚来るだけ増加して、革の廻りを早く†る.
 その六は・頻溝倫迭は春、玖、盆、‡に忙しく、又一白の中でも朝
夕に混雄†る、こ九等を出来るだけ按配して、計器的に均等の鴇蓮を
する。
 その七は、牲衆利益本位で、同じ品物が東北から大阪へも行けY、
(▲▲)
反封に九州から席末へも来る.晩鐘が相常に変鈷してゐた一又・】且
甘溌な勺、大坂なりへ物を集めて・要に地方に為るといふ泉Aqに硬埴
輪虫が少くなかつた.か1る馳逢カの無駄使ひをやめて・策牢捻転の
漣先的確保に多める.
 その八は、章其の他の取扱膝件を改正して、准禦旅行を抑制した
り、小口米物の集約触迭や、貸串の浦戟を奨めたり、仕‡の簡易化挽
械化を柵つたり、その他取扱制度と仕事の仕方とを、サーブイス本位
から能率本位に緒換したのであります.
 蛾薙の施策は細かく申しま†れば筒つきののでありますが・宰する
にその鈷果、放逸役柄の増強は小さかつたに拘らず、輸逮丑は事典以
来、年ヱご剖も盤盛を耕けることが出来たのであります.救助の鉄山
粟、槻械工業、化串エ粟等における平均生蓬指数によると##以来、
年二三%碩の増進を京してゐるやうでありま†.囲哺蔓築の中にほ
モットモット大将の生車堵のものもあるに彊ひありませんが、卦有蛾
蓬の莱構もさう見劣りのするものではないと息ふのであります。
l、輪巷能率の限界
 かく申しますと、事典前の璧カに飴裕があつたからだらうと申さ
れるかも存じません.燃し、常時の我が閑有鋪道をドイツの閥有絨盈
に駿へてみると、我を一〇〇として、彼の輸遠立は、水谷一七〇・柴
物四五〇、これに野して、線路は我の四倍以上、革は客革が一番酎が
破くて五倍牛以上、紫革に至つては箕に入倍近く持つてゐたのであり
ますさ凡ゆる無音において、凄めて合理的なドイツに比ペてさへ・我
が固有蛾痘は何といふ切々楷めた軍備であつたか.況や今月の幹途能
挙が何の漣に水てゐるか、止わかりのことと存じます・
 手先、我が国有彗の輸丑能率も▼長早頻上を過〆たかの戚が潔い
のであります。その原因は、荷物がドシドシ増えてゆくのに・之を塀
仰し、又は小藻綴する労力が、繋においても土においてl併行して行
かない.ガツタyが充分使へませんから・トラックやバスが息ふやう
に動かね.黎術も瀬定承り搬充出来ない・人手の補強↓息ふに任せ
ね.しかのみならず、銀慈放逸には、鹿富艮先の石革†カ、ガy’
yが要る.点るに、ガソリンは楚に親正され・石浜もсJl不足が
ちである.又、最近ほ、依存無済がら、自足蛭済に急持担したので・
輸速力の税額な、とんでもない地方から・物繋がドyドy出て来る・
所謂、稔逸払路が方々に出来るが、その補強ほなかなか出来難い・放
浪が不足だといふと海藻から絨温へ荷物が押しかける・といふ■であ
ります.
輸蓮丑はふえる.慧カはませ勺これでは双方の捉♯が次第に織
って手のつけやうがなくなる。無漁言うなれば、急が拍攻を抑へろ・
必零度の砥い貸“盟耶逸は止める.といつた強圧の酔蓮統制を行ふ外あ
りません.
 然し.急がね旗と急ぐ旗、それをどうして直別出水ませう.又仮令
区別出欠たとしても、一日五官蕗をこえる野しい水谷を・どの押に・
何時の列車に、何人創普てるべきでせう.それは殆ど不可能なことで
ぁりまナ.架嘩外周の塵等におきましても、そんな‡は出来ない
とされてをります.
 又、現状におけろ蛾潰貨物の大部分は.工ヰ費であります.のみ
ならず、現雀は、銀ての勧箕を洩じて、強度の浦添統制が行托れて、
{如)

章少限度の配給しかあ勺ませんゥ徒つて∵右上に、熱意に漁場い抑
制を加へると、物資の帝拾に大混乱を招く惧があります.

「輪島能率の最高額坪と商長の協力

 かかる特急の雉局を救ふには、内においては∵」の上とも錦菰自紐
の汚替に瞼討改酋を加へて、最高正の渦率頚揮に湛進せねばならり」
と勿諭でありますが・外・敢闘民の協力に侠つことも頗る緊塑なので
あります。
 殊に椅逸統制の貸施に就いては・仮令強まのものならずとも、全国
民の理解協力なくしては・その赦果を充分に数捗すること殆ヒ不可牌
でありま†.
 開有緒山彗手萬の柊串良は・米の不足、石牢木炭の緊迫下におい
て・明日己が必委とする米・木衆を顧みずして・唯ひた†らに輸途へ
瀞彗と努力したあの食い捜汝を苧把損して行かうと育つてをりま
†0首の頭静より土の饗市を・不遇紬の気塊牢似て‡かうと努めて
 を巾ま†.
 領民各位におかれても、この衆惰女諒とせられ.輪逸難局の打順に
御節力賜らんことキ切革して望ません.御静他宗仰謝致しま†.
                  (五月十八日放送)