×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国内人的資源の変動と対策 情報局総裁 伊藤述史

 岬内代努の賀柑とその依つて来ると−」ろ.それに封麒†る歯策材立
∽心舶l遽「申hその前櫨として閥民精紳の商略と紬束と云ふこと
が把d八‥であり、我が閑に於いて特有なる表現として、大政鞋箕在
勤が軒つたこと九エ剛旧卸話小した次仇であ巾ます。
(】9)
つぎに斉郷祁欒出来、
我が切に生じました
閉杓人肌資棚い単軌と、之わに観・試じてを巾ます渚憶に湘し、御萌
しa教1て見たいヒ思ひま†。
 光琳耕鍵が初まりまして出来、大陸へ耽出されました祁陰の政は.
非常に多数に卜るでありませう。之時の耶陰の大部分は召壌兵心ら成
ってゐるのでありまして、その人数だけ平帖の閥揖人口懸から除去さ
れろわけであります。之わは平時の人的資瀬が紹封敷に於いて減少を

見た曳であり真す0之れが多<幾業者で泰ノ、工環労働渚であり.ぜ
た琴耶柁筆者であろのですから、之埠粥方面に柁きモて人的硬佃に
単軌宗たしたことは明瞭であ豊↑遥れは者喪慧行上竺線
に誉人員の籍めに生じた竺の瑚殉であ呈↑が、その上に郡挺短
行上芸なるいはゆる「銃径品単が行はれ宗山に心、同室駁
に吾人的費頒の上に準則が芋ラ」とになるので・”豊†這代勒
に於き写しては兵三人に封し銃後に於いて・茄人乃苧奈警準
備員を必項とするといほれ妄豊す0この比桝で行書すと者東都
世俊行の絡めに背後に於いて沢翌晩完治蒜卜由る箋人々人員、
立として宗関係者を動員しなければならぬ。淑照捌払されて亀るの
であり写す・之れが豪の馬めに漣じまする印二の人的賓消去攣動
であります。
 さらに昨年秋以永世界の状勢念穴オ↑の可領他宗しまするし、我
が司に於き甘して晶雛の持慧行ほ丸ました焔めに、率警時世周
防簡キ翌しなければなら竺云ふ、堵礪になつて雪たので、そ
れに努威する濱めに・轟の措警剃ずる必泌に碧ソれましたが、洗
ヰ竜契方面に於き†こて・特別の努力をしなければならないやうにな
り・之れに巫しまする勤労者の教も和食な教に上ります次男でありま
†・之れが我が囲の人的賓贈に野驚及ばす攣二の稗由であり三1。
 右のやうな理由で蓑以撃方では労働、勒勢力の減少と亨完甥
と・他方では弊地力の急激なる滞黎檜加と云ふ串溌が、払艶致したの
でありまナ・右のど為らか一方だけでも・その封鮨ほ容易であり豊
ん七ころヘー供給減少と・帝卒鎗加が毒に生じて瀦たのであり阜T
 かち・動野間顧ほ非常に困難な佃組となつて来たのであります。郎ち
 禁中の入胡嘉の方嘗少なからず牽警凍たし、真髄水準じて
ゐなかったやうな仙笥嘗革レなければなL蒜いやうに雪た勒憫で
ありぜす。
慧の労務の闇雲関稀を普すと・我が南に於きましては、それま
で潜破約または鮎在的に存在して居りました過剰弊軌力は、浦料率担
以来行ほれました・我が藍築の再絹成に伴ひ・漸歪工筆耕頂に吸収
されモて、日章卒智頭生常初に於ぎましてほ、労働力漑蓼仁型1る
代給憐力竺鰹の限界粘仁到壌してゐたのでぁります。かか孟態の
誓、今雷表が朝驚、噂召兵は…る、他方粥禁足、鮎産槻充
の積めに大小希摘の工場、ヰ黎場が和次いで珊穀榔裂せられまLて、
竜の酢酸祭岨性急敵に樹和すると云ふことになつたのであり孝す.
この方面に料簡トますために・政府ほ昭和十凶年出水、堺教軌軌新宅
を桝廿■致しまして、物勤計墟と併行して・労働力の計宅的な靖給調整
に瀞手したのであります0紫我執員計兼は以来漸次蜂備はしましたが
昨年準又高庇閥防娘制御盤の用め、関係万両に急に労働力の電車を見
ると云ふやうになやましたので、各務濯都内仁於きまして、所境野働
カ〃完栗東足を見るに至りませんで、多くの工場でほ労務者がいく
らあつても・なほ足りないといふのが現状であります.
 動員計革につ与しては、さらに点還した万態ん姦行して行くこと
の必裂なの汀申†までもありませんが、努新調脇には筋執着自身がそ
の嘲苛の市議性を是して故習開く守り、最高眈の能率を襲拝する
と驚こと解くしては・警の計地雷≠行宗だと怒はれ号1ごしの
鮎で拉恵す芸刑領の蒜、萌勅者の頻繁なる彗移軌かち盤ず晶
力雫去ふ政義で号音1¢空ろん額簸渚として見れば、孟に
はそれぞれの穎由ほあることと存じますD而し鋼人の水物からの人見
て、自塞手虹】電を彗ろといふことは、戦時下に革ては普る¶
(BO)
さlとで性無いと考へまナ.こ¢鞍に喝研しましで、軌輝は吼和十四
年≡丹園家輸動員怯に基づき「従繋老稽入制限令Jを制海して、工場
hq山に放さ†すろ技能者及び}部経扮職工の屈入穀制触d之等杜薬
者の移動を抑臥して躾たのでありましたが.さらに昨年十一斤には研
らたに「槌筆者移動防止令」を制帽しまして.見入湖昭の野照たろ従
粟者の海国を縄張すると共に、移動防止の方無を褒化することになつ
たのであ勺ま†.
 安郡部煙しく世界動乱から生じました人的繁滞の熊動の中、纂関係
につきましてはただいま舐ペましたやうに、動員軒宅も立て、またそ
の他必朔な法令を制髭して、所密封鱗を昭じたのでありま†が、何分
】労務瀦は人和でありますので、法令だけでは駄巨であります。如何に
して・畑…紺方付からやらなければ、堺勅の調紫は完全に行かないので
あります。即ち弊鞍手拉ら既に正しい帯掛取、きたは勤労現に巨究め
まして、そm凱町軌に上ろ糀印を職場で架捜し、月硯ナるといふふう
にたらなければ、十分ではないのでありま†.
 粍ポ打ほれて中こりました勤野を似て、阜に不憫八の生活む維持†る
手朗で丸ろたどの繋へ乃や、粥ひは勤労を以て、発つて買銀を滑る商
品であると†ス湖なピは、朽許されるのが瀦烈でありまして、既に正
しい動弊軌、勒弊梢抑は閥民衆撃ェ、勤労は閑寂に軌蠣公†るのであ
るといふ窺柑になつて、劉鋭に眼びを娼ずるせdでに至らなければなら
ないと存じまナ.

 かくの管ほの正しい勤弊凧キ榊光さ九、その構紳を縄均職場で丈
行し、甥韓Lて行くことにたりまナと、企築界の新改他と合せましで
掛堺能中を帯正に辞挿†ることが可彬になり†して、帯担以衆必中に
健吉れて水ました野教材盤.蓋員などといふことの耳規が、容易
になると存じます。前回に申しましたやうに非常時例解の産行には、
麻堆掃沖の称揚と楷束が必魂前経でありまナと岡野に、弊耕押撃秒
ち卒辞以来の人的資源嗣建の詫留却門に於ける国策を鎗行致しま†る
にも.欠場精印的前袋一”I必撃とするものであります。鮒ち戊に正しい
勤弊制の野水と培頗でありますゥ之れを考へ、この日的を覗らつたの
が昨年十一月八日間訝決定を棲まして準表敬しました「勤弊新睦刺確
☆要綱」でありま†.

 私は故に動努新油佃流びに之れが甥柁であろ煎薬鴻鞘沌馳等につい
て、辞拙に論及†ることは致しません。ただ三一‥印したいことは、駒
岡に申しました通り、大政繁頸楳動がこの非常叫局を燕り切る摘めに
必野な牌制む耶へる上に於きまして、国民生活の全般に亙り寸こて、
日本的な考へ万、物の見方に上‥まして、治り上げた舐削ごありまナ
と何秒に、勤労斯性制これによつr兆批づけられてをります。薦契報
告浬軌もすた大政文雄渾放と同按なろ粁紳.拗の考へ方、この堵他人
の上く晋ふ、性符昭を勤労の方伸に近川した、に過ぎないのでありま
ナー樺衆の労椰槻念告†てて、臼井式の動節約念を硫立し.之れを鮮
壊して行くところに我々の拷りがあると同時に、日本的のものがある
わけでありま†.
 時局下に生じま†る人的殊瀕の艶凱、耶盤等も、この締紳、正しい
貯筋顆を似てすれば、克服も閉郡で鮮いと恩ひせ→ので.軋努着たる
我々】人l人の熱軋と梵行を帝招する次節であります。
                   (五月十日AKより放送)