×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

全国金属増産運動  商工大臣 豊田貞次郎

 先月廿六日の晩は今晩と同じ時刻にこの†イクを油じて嬢清新吐制
の鬼瀬たる鋳鋼統制曾のお話をしたのでありますが、ここにまた日下
我が国が直面してゐる最も正宰な開祖の一つ、金属の鎗窪についてお
常を申上げ庇いと息ひます.丁度政府ほ今岡五月一日から挙句七月末
日までの三ケ月瀾を強調期間として、金井の増産窪肋に乗出すことと
なりましたので、この槻今にあの識培い坑道の輿で濃い♯幣を頻り上
げ汗と油にまみれながら働いてむられる丸尾特産第一線の方々に直接
お活を申上げその一層の御頸湖キ御騒ひ†ると同時に、それらの硝滑
の伽努力.御背筋に掛する一般則民の罷栂をも史めて辞めて頂き蛙い
と蟄bアありせす.

蝶は私もそのうち、なるヾく早い稗すに伺虎かの一山にさ小甘して、
皆さんの紳背筋なさつてゐる御様子を偶の並¢に邦見し.出来る事な
ら自分もてつシャベルを瀕つて皆さんと、皆さんの仰苦労の苫分の一
でも介ち匪いと考へてゐるのでありせすが、私が何故そのやうな事を
点ひ斑ち、また政府が何故今岡のやうな竹森湛勅を起さ山ばならなか
つたかと申しますと.それは今丈のやうではありますが、女のやうな
事情があるからであります.
 執噂緒済を行つていきます上に金が如何に必欒であるかは今史申す
進もあ巾ませんが、近頃よく近代の戦中は稗畢の蛾革であると云ふこ
とを皆様も牌いてをられる−」とと思ひます.今日では飛行碑や戦車や
火炎放射鞋や潜水旺が物を云ふ時代であります.これらの和が無くて
は如何に稗此なる草陰を放てしても取替に妨つ評には葬りません.然
るにそれらの新痔殊は何で怠るかと官へば各穐の金辞で為るのであり
ます.ここで特に各種の金丸と申しますのは械は戚だけでは劫の殺に
立たす、メソクステソ、モyプチソ、コ.ハルdエツケル、タX−ム等む
混ぜて始めて稀度の措い飛行磯.大砲は勿論その他各種の硫埠なる兵
一軍器械が川瀬るからごありまして、唯今欺湘でやつてをウます執筆を
見ましても、ヒトラー絶耗の丑りロを見ますと和逢滋が′−ルサエー
に伸び叉バルカンに払出†るのも柾々自的ほありませうが.その甘的
の定#なろものとして、それらの鋳物珠瀬を8柑Lての串である手が
よく者擬されるのであ勺ま†一風代の朝ザが科革耗である取り丸々ぢ
蛮兵辞の駁也「於いで琳桝に昇れをとつてほなりません.珂常に伍
 し<●有罪んCて’々軒兵辞を幾ら虫ばなり†甘ん野.それに杜♯とか
鈷とかその他、鉛、鵡鎖或は前申したやうな種々の金丸を▲音に掘り出
さねばなりませんd然・心に耽が詞でほそ九らの金席が悠して里げにあ
るかと申しますと紐憎ながら決して捜富だとは官へないのでありまし
て而も我が国の偶士内かト麒宮に衰佃トない計りか、近頃では今まで
梵つて埋れてゐた州々よ漆が山l絹弊の緊迫り結剋殆んど発つて奥れ
なくなつたのであります。斯うなりますと、どうしても滑橿杓にほ之等
の滑女中憫納するのも}方法でありますが.それよりも弛んで積程的
に粥内の地下溌準」議底杓に鋼竣†ろ外はありません.政府は消鶴的
な万両では外捕食艶の使用の制限、又は禁止、庶品の間収といふやうな
♯にもカを入れてやつてをりま†が、それによつて生れて来る績為に
は由h舶舵があり、放り多くkg待する坪には参わません一どうLて
もこしの際、地†溌抑の徹底的糾琴即ち山と冒ふ山左剤‥過して一喝
りでも多くつ粥ポを削り川†といふ≠が肝咄となつて氷るのでありま
†ぐ又之仰山地†炸掛の憮底穴J獲む行ひまして種々の金属捕の樹産
を放しませんと所机上必増なる牡鹿油平仁申しまして現在ありま†以
上に丘へ稚やト浦臼昭博む村砧します打しい抑設の脚光が川水ないこと
になるのであ巾まナ。つ憤ハ喧としてはどうしても鉄山紫姐係り皆
さん方に今迄ち勿論さうやありましたが、今接今一肝ハ御智頭と御方
カを糊待†る外に揃いのでれります。雷ひ換へ八ば銅山栄に挽はる皆
さん方のY什は今や槻めて照・ノとなつた帯であゃまして.皆さんの仕
ヰでもる鮎川む演じ丁肝山件の御奉公を御駄ひするものであります.
 勿輸私のやう汁架人に払拭杓の試しい生活は勉接がつきモ†.しか
し皆さんが、坑泣の輿で力をこめてm幣を如払む特、地戦の反戦血叩で
(4)
ーLl■ll
 性向じや▲TkFイ’†丁メーカに於いても特た又堵聯邦仁於いても何
 九の印に斡トても.池畔い光モ租喝を拝ひシャベルを擬つて鋤いてゐ
る鞍を考へて咽きたいのであります。今日は又鞠象紘力鮎と巾しまし
て凡ての人、凡ての物、凡ての稚発か挙げて閥偶の目的を達成します
る持に柑叫良しなければならねのであhまして、あらゆる日本人ほ各
自分の舟頓に於いて必死の懸命で掛率公申上なけれはならぬのであり
ます.今度の欺洲機甲でフランスが放れたのも、ポーランドが亡びた
爪`戦線でばかり耽れたのでほたくて、組丸の衆ない、飛行頼の稔
勺の聞えない地下数十杜の下で、敬野の治まろ載年前に庇にアラyス、
ポ・こフンドの確命は決つてゐたのであります。つまり之等フランス、
ポーチソドの疎山梨譜は金属の粁練溌寧に於いてドイツの故山梁渚の
敢では無かつたのであ〜ます。つまりその準億と意気込と熱意に於い
て助はずして臼に炊けてをつトのでありまナウ漏れ開きま†ところに
上ると今日は徒然と異なり米、洒が少ない関係上銀山の魅力が域つた
と云はれてをります。之は尤もでありませう.和し米、糾の少ないの
はR木公園のことであつて長州に亙る作戦態勢小泊小へます馬には己む
を得ぎる軒椚で、襲ひ政府は近くこの米、酒について何等か掛姥む講
ずることとな〔て告Qのであります。唯どうしても今日御掛に御奉公
致Lまnには、
一組1一なつて忍ヾろ虜は忍んで粍ひそし
て、皆様方の職分である金属の柑産に邁難し少しでも多く楷箆して貰
ひたいのでもります.

盤勒五年、我々が廃絶の所秩序を日指して支那革舞を此鹿まで持つ
て来ろことの‖水たのも、繋⊥巾卿竣成の下.許ノさに帝下せ♭るる
忠男なる我が椎転碓樺兵の戚加の脱でありブナが、それと共〔鍵律に
於いて粁た又坑内に於いて絶え†帯解やその他の危瞼と藤ひながらオ
帝物の増熊「汲々Lしして乱那して碓卜一浦野等籍粟破士の努力の賭物で
もあろのであります。同時仁今日唯今の諸方の抑礪湖が今日の畔局を
突破しま†に耶接和光ちヰ.すのんならす建ては鞍年礎、故十年攻の帝
所の地位か沌命づける貫尋なる役割み演じてをられること仁怒ひを致
aれるならば、どうか今田の坤乾杯動穀L†計轟あらしめ官民一枚し
て施策懇同の★を卒げ得るやぅ鉄山黎締條希位の御者琴懲協力を衷
心から微珂ひ致す攻鴇でありますが之と同時に、この窪劫に卸して一
般閉尺も紳研からこの迎弛に刺押恢、郷確助を下さいましで一人でも
多く銭山で舟いて下さることを切照して已まないものでありま†・

 本日は蒲郡の其礎であります右災仁は時間の胴係上後日に議ること
としまLて触れなかつたのでありま†が、石炭につきましても同感の
心柄でどしどL肯戴をして頂かなければなりませぬことほ、申す迄も
あ勺ません.

 最後に仰山て鮒山罪関係帝位の御葱閑を軒巾ますと共に骨l万の郡
健捗を斬ります.
                  (五月五日AKより放送)