×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦史に就いて 情報局情報官海軍中佐 高瀬五郎

 憐削の取壊に放ける今日までのドイ芸彗たる戦拭の跡を眺めま
†るとき・私はドイツ閲民が、前間の欣榊大耽の紬放を全幅的に生か
したことを痛感させられるのであります。
 英組に†倍する強力な飛行槻や・ヨエツバ各国にその化を見ざる
繊純化部隊や・世界の煮誓観いた落↑傘部隊や、ミは英本土の迦
封鎖に清府中の小柳洛水艦埠、いはゆる新式兵糖の酪倒的髄勢下に、
戦局を有利に辰粥しっつあきと・さらにまた職平滑導継嗣の親潮的
組織下に秋職南帖の運用にそつのないこと増収へ革げれは、絶てが前
同の大槻に於けろ苦しい印拗山併撃・あ‥ヰTノた。
 出筒年の長い縄研の紬果敗れたドイツ・粘朋者としての痛苦を浦喫
させられたドイツとして、今日あるは常然だといへばそれまでですが、
(き丑)
私はエマこにドイツ▲可展「の血畠サに山珂†る根強い研▲究が、物をいつたと.考
ふるものでありま†.由衆ドイツ閉場は研究心喋盛であることは、‡
入の蝕むるところでありま†が、特に敬研に閑†る研究は、仙印⊥り
溢れてゐち戦が貌はれま†.すなはちドイツでは前周の大戦儀、戦学
に歩加した政治家、軍人等に依つて、血と肉とで崎はれた俄野の教訓
が利†ところな′、妨二の閉民に侍へられたれでありまし丁、これ琴
文麒.換音すれば戦史の故に至つては、雀に娼大な敗北に上つてをり
ま†。試みに海戦に開しまする政府の入へ珊倒番のみにても懐に凹、五
〇〇顎のもの、二十肪を租ゆる状睨で、前Mの大職り賓什が、炎珊執
れにあつたかに洗いては、研衆瀬陥に依り触に今倒の職吋が勃擬する
まで約二十年間に瓦り兜粥され、その粗雑がベルリーナI・モナーツ・
ヘアトの名に依つて.公刊せられてむつたのであります。さらにドイ
ツでは.日粛勒牢の研究も糀んに行はれ、耶人山外のドノツ人に依つ
て公印せられた日環肢軍記が−架に北十椰にも上り、粘性似伺作馳の
棋偶仙坤史ナして、他称拗らが瀬粥Lつつ‰る鮎は、牧が明に於ける
R載職撃の公刊筍、懐かにこ柿なるに対象し、一寸考へさせられるも
のがありま†.靖さんも御紀憶にある晶ひま†が、〆−リング鉢相
が、昨年秋の北彿作俄終了後.銃後閉戊の十斌絹払む糊湘†ろために
引川した、「勝つて兇の比和を締めよ」 の常北に、切にH謝地平の和名な
礁郷長官の酵敬の辞にあつた嘗来です。
 かく祀民生蛙が.前回の鞄雫の教訓を徹底的に溌明汝肘致し、前同
の大敬の敗問が何虞にあわしか中指めた枯兇が.ヒット’−を中心と
†る政純絹略のこ沌仙川観指叫糾抑を什り、城ひは飛行勝、槻純化鄭
除、許下卑部げ等新式兵稗の軽倒的兵力土なり、或ひは巧妙なる戦争
♯済の建用となり、蚊ひは濫撃的作故の指♯となつたのでありま†.
加ふるに白雪研究の績果、甘木#良性の仰犬さを♯りましたドイ
ツは、8木捕紳に革んだドイツ措辞を作り、之に依つて、人的兼fの
向上に成功しましたことも見逃すととが山水ないと息ひま†.
 瑞つて我が醜に息を致しますとき、過去二大戦役に於いて、清斡及
び#桝を完全に孤付けた誇るヾき侍続と雁史を持つてゐるにもかかは
らず、閑民の軍事に陥する知識は、欧米人に比し、果して見劣りがし
ないでありませうか、私は疑なきを得ないのであります.
 前速しましたドイツはもちろんのこと、英米にしましても粥民の独
学や、寄事に射†る研究が旺んなことほ、これ等の酎♯の}般細†舷
に、古今発泡の蛾雫文脈が充満してんる布械を見た人徳てが感ずると
ころであらう.さらに政治家の蛾平に閑†る知識が.我が開に比しl
段布きことも一般に温めらるるところでありませう.
 現すに私どもが漉しました、閤民一般の方々の軍事知和は、諌場外
に低′.海戦と憤慨との相蓬や、制海樅の意義や.取軍勝敗の塀朋と
いつたやうな叔木的倦閧ノ関しても、殆んど撫智の人が多いのであり
ますが、之は我が同が過去で解放した教学が、武力故一触娘りの教学
でありまLた楷巣、いはゆる¶敬申ほ軍人さんに委して紅け】の軋急
が知らず執らずの聞に、樹尺の軍事知識「封†ろ桝究熱を捲くしたに
鶴岡†ると考へらかます。併し戦畢の形態が他力傲と建つて葬ったこ
とや、旦山南家嘲の取替から、併合敢学に移つてさったことを併せ考
へま†とき、取替の柑淋も睾となり、且つ勘艮奇々の力が−雲丁の舟
歌に綻糖彫襲することになりました今日、開局としても一甘戦史を析
舵し.軍琳に射する別僻を辞め丁耽が孤邦仙叫比の椒挑を磁1前払され
なければならね歓が、到来したと私ほl侶ずるものであ勺ま†.
                   (五月一日AKより放送)