×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

健康は興亜の基
     春に身饅を鍛へませう

醒の渡合ほ、その節民の意斜が 東滋刺としてゐる特性、その威の
好んであるかどうかにかかつてゐ 穿ひは隆々として盛んになつてゆ
るのрりまして担艮が有島.く時であります。そしてこの一担
 _■I加血qつてからは」異の牡毒
 喝は女枚もて大切なこと生して操
り土げられてゐるのであります.
准来世育葛は事故とか、その他
の蝕昆を沖心として行はれて釆た
のでありますが、埼児女他の馳カ
をたかめるためには、贋く職堵で
も凍庭でも、過激に心身を鍛へる
超勤をしなければ、数果を上げる
ことは倹ないのであります.
 佗近ではラジオ絶操とか、大日
木恰聴などのやうに、碓にで亀や
さしく山水る湿勅が、工場でも曾
敢で机畑くゆきわたつてをります
が、頓頓のラジオ飽操は破れをや
すめて仕事の漑革をたかめ.職報
の人々の健康止大きむ役割を果し
でゐるのでありせす.またこのほ
か仕ヰの合間とか仕事の哉を利用
して英気を養ふたあの他者運動が
柵瀞盛んに紆はれるやうになりま
して、甘敵とか銀行.工場等では
職場で動めてゐる人のため、湿勒
鳩軒つくるとか、渥例の耶札傭敷設
けるやちにむてあろ生ころもあや
 まナか.これは女声鞍帝なことで
 亀山ソま・丁。
 しか⊥心身の鍛錬を粁く町民一
頓にゆきわたるやうにし、閥民全
隠の心身を鍛錬するためにほ、何
上りも先づ範}に官権のl人々々
が、心身を鍛へるやうにすること
が肝心であります.心身戯鋏と申
しましても何も濫ぐ粗かしい浬劫
僚按をしなくても、心身を鍛へ上
げる目的は十分為する−」とが山水
るのであむまして、暇切でも卸競
艇でも.年とつた方も.女の人心
子供さんも、摘つて愉岬に自分の
身捜に通常な鞋勤をすれば良いの
であります.
 それにはただいま小しましたラ
ジオ漉推や、大円木陀糠をきれて
も長いのですが、歩くこと亀絹純
な鶏勒であやまして、これなら訓
でも出来ることでありますが、妙
くといふことは大声良い健碗洪で
あります.
 これには上牡の奉彰を正しくし
て、名日四・五軒、づまハニ盈粥
の遜徹を澹ふ鵡民の盛んな意束は
閲民の身松が健やかであつてこそ
始めて生れ出てくるのでありま
†。
 曹ギリシャに朝を唱へたスパル
タが閲民の心身を鍛へることに非
常な力こぶを入れたのはよく知ら
れてゐるところでありますが、ス
パルタでは、男の子でも女の子で
も、小さ.いうちからしつかりと鍛
へあげたものでありまして、今日
でも疑烈な訓練のことをスパルタ
式と申しますほど、きびしく鍛へ
たものであります.
 このスパルタについてほ、既に
御訣卸のことかとも存じますが、
かういふ帯があります.成る時敬
撃に出かけ上うとする若君が、そ
の拇瀦に「自分の劇は短めいから
長い創を下さい」といつたところ
これをきいて母覿は着意に向つて
 「お前の創が短くて嗣るならば、
一歩進んで、敵を斬るやうになさ
 い」と申したといふのであゅます.
 これはスパルタ人の貸しい群■
を示した青菜として、有名であり
士∴りが、こハ元気旺んなスパルタ
魂は、盤にスパルタ式訓牧の賂吻
であります。
 我が闘でも御維新の大莱は、武
士道に上つて心身を鍛錬した譜い
人々の壮んな意衆に上つて始めて
成しとげられたといふことが出来
る飢であります中
 背から勝れた政治家は、この心
身を鍛へ上げろことが融のカの基
礎となるといふことに眠をつけた
ものでありまして、ドイツの有名
なフイヒテはナポレオンにふみに
じられた組図ドイツ計数ふため忙
ドイツ青年の吐操をつくつて、愛
国の粁絆をふきこんだのでありま
す.
 東近ではヒト’−組統や▲ツy
リー三宮和が、両氏の絶菅浬軋に
非常に力み注いでゐることは秘訣
知の洩りであります.
 我が観に於きましても心身を鍛
へるための邑育窪勒は早くから盛
んヒ行書たらでもり††が
くさ¢)
外、時間にして打一五十分世辞く
やうに致し甘すと、立蕨な心身の
鍛錬になるのでありますから、弛
めの行き飾へりを利用して、邁常
に歩くやうに致しますと犬攣身
睦に上ろしいのであります。
 その外、早起きをすること、溌
呼吸をすること、新鮮な蕪束に崩
しむこと、これは稚にでも出来る
ことであります.新鮮な袈気は太
陽の光とともに生命の捉であり、
自然の凄みでありまして、健康で
あるためには、日光と爽やかな垂
範はどうしても必沓なものであり
ます.
 阜接でも、工場や事務臍でも、
都塵の意を媚いて殺気を部屋の中
に入れるやうに赦しませう.これ
からは特に良い束朕になりますか
ら、これほ直ぐ甘行出来ることで
あります。同じやうに、御家庭で
も家の森ほ鞘けて‡ナやうにして
薮の中に所群な集束が一杯に入つ
て来らやうに努めていたださたい
並のです.
 またカ一■の万付に一’■に戌rんで
ゐる方寸妓女体の8に拝.貞痔に
難しむやうにすることが大切で.
お廃の草花や野菜を裁穎すること
も⊥いし、郊外に散歩ナることl
上いし.また→家頼つて建足され
るのも緒桶なことでありまして、
この日は大人丸子供t−ともに太
隈と新鮮な多気の芯を#分うけ入
れるやうに赦しませう.
 さて、これからい上いよ良い気
候になります、やかしい太防の光
の中で、革も木ヰ.ぐんぐん伸び
る時季で、建動をはじめるには汲
も良い噂であります.
 毎朝早くおきてへお父さんもお
貯さんあ、均やも蛾ちやんも骨そ
ろつて、朗らかに元気よく岨操を
致しませう.
 冷水摩擦をはじめるに▲「もり
てこいの時季です.
 また卒地の利府に汗を流すこと
ヰ瞼好の荘動であります.−」れは
身飽軒丈夫にするとともに.食雄
の牧堆をふやすことに亀なり、ま
(8r)

きに一石二鳥の教具があ勺ます.
 黎するに皆様が通常な運動を愉
快になさつたならば、☆派な心身
鍛錬になるのであります.
 背から「病気をしないこと、軽
我をしないやうに†ること】が節
一の釈尊行だといふことを申しま
†が・子供の身晩が崩いといふこ
とほ御雨現にとつてほ】香の悲し
みであり、咲きでありま†.私達
の身晩は出身ひとりの身躁でほな
いのでありまして、親のからだ、
お閥のからだであ巾ます.
 身拙む軒へることほ、親のため
お節のためでありまして、ひとh
ひとりが身拉を蝦へることほ、大
きくは日本閣民としての汲刺とし
た意鮎をたかめることになり、非
常時を職ひ抜いて伊く超しい力と
なるのでありま†.
    (四月二十四日放送)