×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

靖国神社臨時大祭に当りて 
          靖国神社臨時大祭委員長海軍大将子爵 加藤隆義

 今般畏くも靖国神社臨時大祭施行の儀を勅許あらせられまして
過ぐる満洲事変及び今回の支那事変に於いて、昭和十三年十二月
下旬までの間に殉ぜられました、一万四千九百七十六柱の英霊を
新らたに祭神として、合祀仰出され、その祭祀が、明二十三日よ
り二十八日までの六日間に亙り、厳に執り行はせらるることとな
り、私は臨時大祭委員長として、親しく祭典に奉仕することとな
りまして、誠に感激致してゐる次第であります。明日より行はれ
まする大祭の次第に就いて、概略申上げますれば
明二十三日夜
は、招魂の式いと厳かに執り行はせられ、明後二十四日大祭第一
日には、特に勅使を御差遣になり、その翌二十五日大祭第二日に
は、臭くl 天皇、烏后嫡腔下に於かせられましては.行革潜遊
ばされ、瀦しく榊斉あらせられろのであります.泡に大御心のほ
ど拝察致しま†だに慈濯感憤の至りで御座います.
 私ほ委員長彰封命致しまして、取成っ憮大鮨鐘なるに感泣しっ
つ、只管紳々の御心に叶ひますやう、また三蕗飴の法族の方々が、
滑々なく参拝を潜まさるるやう、念鮎致してゐる次窮であ巾ます.
和も我が朗の釆犬非常時に際し、進んで身命を君酌に捧げますこ
とは、我が団民楷紳の哲音であり、また閉代温他の持組であゎま
す.それであ勺ま†から、粛囲の積めに命を棄て、耗痢の紳とな
りま†ことは、我等日本閉民の本懐至極と存ずるところでありま
†が、なほその上に、粛世不易の名を姥し、碕印紳靴の穀紳と決
められ、呉当の去鼡を揮う致しま†ることは、酸に臣子の冥利
之に過ぐるものはないと信ずるのであります。靖図紳敵性、もと
もと、明治天皇の叡艦に上りまして建水せられ、締約」那祀と申す批
蚊また撃破仁山たものでありま†.申†までもなく鮮園田耗にし
て.勒役事鍵に従卒し、商家の病め忠節を韻し、高瀬なる大柄紳
を讃拉し、死妓激しましたものほ、文武官描の拓下身分職兼男女
の如何を閃はず、詮謡の上合祀を仰せ出さるることになつてをり
(彗9)

まして・この度の合祀出前の祭紳は・前後五十七山に亙りて合祀
され、十九革≡T八田純でありま↑.その簸ぎ烈紳名及び略膳専
ほ頻紳準手有飴肪に氾兆され−副硬血として、正般奥深く約め
られてあります・余興は凡て勅旨を似て行はせらるるのでありま
して・毎年二間例大呉執行のことも、軌促に依るものであります.
惟ふに過去数次の職役・和睦刷1り、今次事鍵に於いても我が
息軍が繁盛・・海に、常に大勝し、赫々たる磯拳「虐め得たのほ、
慮れ偶に パ壱は下り卸機械に依るところであり誉γが、また我
が忠魂なる慨兵の滑柑完叩め・喜んで身命を挿ぐるところの食き
殉閥の緒紳に遊づ〈ものと申さねばなりませんごの間家む忘れ、
身を蛸つて、或ひは砲悦紺舶の間に倒れ、或ひは不串桝魔”摘め
に死残したる勇ま・烈々たる整忠湘樹の赤誠は、嬢として萬世
を照†ものがあり、その狩雨の聞に牽揚せられたる耗多の古顔や、
戦殊に悍し誉れたる液私奉公の精紳は、聞く繋妄して襟を正さ
しむものがありますごしれ等の争き英懸を.艶減に依り皇居にほ
ど速からの九段の故に・永へに和め叉ノることは、悪筆で菅に
その忠烈を期琴するのみならず・その禁高な晶紳を楢へて、以
て渾邦撫比の腕組を樺醸し−八紘の1御稜成を輝か†べき確固不
勅の国民純綿と榊頴帥成せんとするの・彗Hに外なら申もの上布
ずるものでありま†・いまや出棺眈に≡年九ケ月、蒜にほ我と
その雪国う†る‥=小火汝椛翌され・現に楷々力強く背戚数度
しっつあるのを見辛すが・併し鵜政桃は托職の迷夢よ勺究めず、
全面的和平の時桝・なほ泣く、加ふるに凶際情勢の騒泊麺柑、前
途の態測を響完いものがありまして、艶地目的航徹の日は、な
は前企丑強の浪があ豊す・攻誉H本団塊の東海は、正に今=上
皇肌犬な竜のほたく、今後慈左丁彗致前途攣多の雑槻仁向ひ、
爽池するの窮薙心を振ひ璽1必黎があると存じ互1.況んや世界
の鑓神川とも粥せられる今日の不軍躾迫せる周昭博労は、底に
搾刻であつて、その前途ほ、如何なろことになるやも計られない
現状に於いて・我埠は触多琴士の忠勇轟烈なろ索恥に感泣すると
ともに、悠丁団民将帥を作興し・臣子たるの本分に邁進し、似て
天執妹妨の皇超を沃潰し奉り・皇国の武威を雀邦に坪かさむこと
を好ひ奉らねばならぬと存ザるのでありです.ここに恭しく臨時
大祭に臨みまして、食き盤面の忠烈を柴め奉り.鶴首の豊裸の
御心中を椎堵致し写して・濠甚だ潔く毒所懐を彗ずした次
第でありま†・    (四月二十二日AKより放送)