×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国勢調査から見た人口 内閣統計局人口課長 福永与一郎

 木甘の官瑚を以丁昭和十五年十月古に施行せら丸ました国勢網査
の人口摘発批が賢、招魂せられました。耶護り時からセに半年飴り・
集計の仕事が滞りかく池行して・今日準真の甥びに繁りまトたことは
同勢照査の大切なわけをよく理解し・弛んでこれに協力せられた】般
同氏の皆蝶、地方に於ける網奄湘勅関係者、その他各万而の桝関係の
万々の御協力と獅糎肋の紬兆に外ならないのであむましてJしの損禽
に粋くJ執務む窮する凍邦であ巾まナ・
 今憫の夙和閑香り特発に破りまナと、内地、朝鮮・耗琴抑太澱に
開架州、南洋群為一rも包増した藩閥の粂板陶の人口は漁敏一磁気宵〓
†l衰六千首】人であ山せエ`この】併五執務人といふ人口敷を我が
閣の山前の人口艶に比較してみま†と、明治四十l年の約二倍に常り、
更に油つては明治先年の人口の三梧以上に普つてゐるのであります・

            /
(彗丁)

淘に嗣運の随員を如賓に、力強く、物語つてゐると印して宜しからう
と存じきノ0今や蒜の人口は砂群ではありません。糖闘志陶の楓
人口一億五討萬は勤かすことの出来ない串牲でありますゥ
 この一億五印薗の姐人口を前同剣セ湘補−〜舶郵十年に比性致しまT
ると、的六竺†茶人の檜加でありザして・桁加の禦口は約六歩中軸
ち千人に勤し六十四・牢八も捕えたといふわけであります。併しこの
埼加振りは従前のそれに礫べますと、人数に於いても割合に於いても、
梢i減少してゐるのであります。
 次に内地だけの人望トついて少し叩しますと、内地”絶入口は七千
三習十〆萬四千三石八人郵ち約七千ニ‥価人でありせこて、昭和†年
の六千九巾蔵人飴に比し的三宙入十六出入む増加したわけであります
この楷加は大正九年と圃†四年との閑に於ける檜加に棉ミ等しく、そ
の後のものに校ペま†と約有高人を減少してゐるのであります.これ
ほ支那串艶等の影響に依つて人口のn然増加が済少したことにも依り
ますが・又一面支部孝雄の関係により鞋人以外の人々が多数大陸その
他内地外に出かけて行つたことにも陳叫してゐるやうに考へられます
 内地の府瀬の中で前同昭和十年に比し今倒却つて人口戟の減少音楽
してゐるのは故琴長野・縮井、石川、鳥蚊・島椴、岡山、牡鹿.香
川、高知・大分、粥茶−鹿見島・沖縄の十川僻であり子。その中瀬
少の著しいのほ石川、徳島、香川・粥木、沖鮎などの爆でありまして
一萬八千人乃至二吾人程度を減じて穀ります.
 以上人口を賦少してゐる隠の地理的付和む見ヱ1と、何れも東新よ
 り酉の方に在るのが注目せ♪れます・付従准尉畔人口の減少する例は
少く、昭和五年に比し昭聖1年に於いて人口故の鮮少を見たのは長押、
 斉唱位繋のゴ藤に担ぎなかつたが、今岡は前E彗1たやうET日賦
にも及んで誉りますりこれは恋年人口の地奴的多勤が鴻しくなつたこ
とを物語つてゐると略して宜からうと思ほれます.
内地の都市について見まTと、昭和十年に比し増加率の高いのは尼
崎市が†革剖拭え、川桁市が九刺四分、川品が入射、勾崩絹が六割
五分梢蔓居りぜすごしれ等の市は何れ▼巌瀾工畢都市であ勺ます.
鉛六大都市の中増加率の最も商いのは横溝市でありまして四割泣く
の増加を示してをり首二万京都市の人口は椅んど棉加してゐない
やぅであり写す、文芸砧の人口は・九十彗†人・割合にて蒜五
渉穂加して約大官七†入常人となりました。
 炎「円他人口七≡悪天札驚市の人口し滋以外の人Pこに分けま
すと、紹のヘロは二千七宵五十七票・砧以外は望丁芸五十三革人
倫であります・印ち市琴八ロは内地人口の約=融入歩を占め.約六割
〓少が郡部の人口となつてをりま↑・そしてこの市部の△Hは郡部に
比ペてだんだん多くなる仰向があるのでも巾ます.
 終りに一つ附加へで砕きたいことは、今度の南勢刃禿では、訴査の
時期邸ち去年の十月盲午前零時に、秤図の収糊内に呪に居つた者は
内地人も・外地人も、外酪人もみんな洩れなく調査したことは勿約で
ありますが・な旺麓役軍人・盤召軍人・軍鹿の人々は帝破綻軌外に在
りましても・それぞれの縁故倹ムから・申告して盟ふといふ鳴別の方
法「顔り写した病めに、ゆ回教或の糀鮎人口中にはこれ等の人三条
部含んでゐるのでありまナから、調査の時期に督該地故に現在した人
口故と必ずしも同じくないのであり主1・この鮎が槌火のやり万と兵
つてゐるのであ〜ま†かち・今…施慧られた人口禁制榊ナるに普
 つては・その粘に軌箆麓を湘駄ひし耗いのでありま†.
                (四月十八日AKより放送)