×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

農民の協カを求む    農林大臣 石 黒 忠 篤

誉Hは書取菅であ豊す這竺萬の巣食最長に馨の倉
見たる三丁重民碧が集叔薗に射する兇悟を新に†る暑ありま
して、現下毒隅暢を中心として農業に繰せられ字したせ霧の極めて
雲な嘉柄・欝整骨を迎へ享ることは時に窓我探きことと恩
ふのであり羊○由来「兵は闘の木なり」といふ曹彙は、我が大和民
族の民族的信念であり・文芸漁らぎる急であると彗藁漂着
ほ苧、信じてゐるのであり羊が・今量業桝係老のみならず.全醜
民が庵めて監丁なる態まを以てこの雷雲嵩昧を観挙る界持になつ
て参りました−」とは・基に結構なことと存ずるのであります.
唯ふに農は金榊けの手雫はなく・天地の化背に苧る紳彗星
雫あり革・毒その他雲覆姦著成して人望将に必繁
る物資を供附して、国家囲氏わ島ひ安んじてその莱に就かしめるとこ
ろの多い簸であります一麦蒙の済少して行く囲は危く.蕾粗
未払した申は亡び、雪雲じた回ほ彗ろことは・彗空の▲顎
が紳賀に之を京†ところでありま†.
 この「盤は南の本なり」といふことは自由揺粥の時代に於きすして
彗葉の輩・都絹の篭の雫かなる時代にほ宗慧せられ勝ち
でありまして、天藍芯なろときほ稗与ればその思沖に神れ、物が
歪して始めてその姦昧を知るといつたふうに、違び非笠局に
瞭合し轟碓偉か篭の嘉晶誓に至豊↑るや表議他及び
その盈黎性が馳馳せられてくるのであ勺まナ.
 凡そ鵠なる欝何なる時代に於葺しても・挙が始芸ば轟
の雷ほ芙し・之に警克く笠の食誓確保して投の策と銃
後の温に悪なから1めること左ることが・賀に取掛の霧であ
るのであ豊す・警は竺次世界大響この各景なろ鞋除を敢しま
した拘禁・詫のどん底から立ち↓つて新秩監設の完成に蓮せ
んと†るに潜りモて馳時孟の碓保左翼地の琵に如何に袈
なる用菅紆苦学慧でゐろかと烹ことを克く味はねばならぬ
と思ふのであります盛彗毒農業大臣〆レ蒜ティヒス、ネアよ
クンド即ち党閥農簗簡の組織蒜允した人であ豊す表は均整民族
の中堅指驚け純血なるダ竺ソの血驚愕挿し、翌伸来の幾誓
桝し−そ−」に芸剛健なる憲宗を営み組彗写る董者よ豊
ずること蒜いて・農民を「血と壬品れる黎族」として繁る
架任姦警姦へんとしてゐるのであ豊†ご1れは事情こそ異な
れ・我が吼に於きモても・的山の菅して雲、我が即発畏を
笠し、且藁老に快い和誓持たねばなり豊ん妄県葉研絶倒の掩
(q)
nい い〓‖‖ほ=いll
立を目指†研の業績喝粗故に我々為繋槻偽者は、かくの如き報い確
執から壊の木翼を杷嶺し、救難者の指媚に営らわばならねと感ずるの
であ巾まナ.
 我が闘現下箇所の急耕は何と申しましても戦時食糎その他冤宰領物
の増蒲確保の閥確でありますが、革鍵が長期化†に伴ひまして詑襲の
堵加する牛面、供給に於いては農業生産に不可鉄の嬰件でありまする
ところの肥料飼料を始めとし.各稀の幾求生窪資材が朕屈になり、ま
た堺倒力の不足等の時めに染速力に形坪数し、積ら供給が鍔周に▼なつ
て葬るのであります。勿論農民諸君は今日迄も是等掴雑なる恋條件の
下に種々の困苦を耐へ忍び、不可絶を可能とする精紳力を以て、開局
食硯確件の矯めに懸命なる特産に撤み、鞭梅した宜粗は一粒でも飴計
に消費者の馬に供出せんとしてをられるのでありまして、我々は農民
報想の米がの生建と供出窪故に射する丼怠と努力に封し心からなる感
謝を致さねばなりませぬ.しかも問妖が鐘民話君に射する期待は今後
凝1犬ならんとしてをり、島民紹欝の貸付に於いて、食祝砲件の完途
を切望致してをるのでありま†。今日に於いてこそ農代沌君は、同家
が諸君に期待する托務を克く自発し、倦統の日本兵民精細を襲挿して
食規櫛産に鞍念し、以て漫の路意義に徹して頂き庇いのであります・
 園民全般も加地民謂君のこの演単なる涌動に操き糊絶と瓢和を持ち
敬虔なる僻度を以て、之に酬ひることが肝襲でありまLて、斯くして
食埠を生流する巷も滑頚する者も一晩となつて進斗ますならば、必ず
や銃後の遜りは固くこの食糧増産運動も忠液な壊を緒ぷことを確信し
て】駅はないのであります。
 /
 農雅雅[冊捜は農民加持君が以上」甲しました兵の妖・耳加別に成し−一見く】弄
相関の貸を盟丁ぐる摘めに極めて釆嬰なる指畑嘲的役加劉を有するものであ
ります.殊に農禽はその沼革古く、農業の改良舞達を困ることを目的
とナろ閣捜でありまして、長年に亙り農薬生箆の中根指蟻槻閲として
その任勒を果して参りました。殊に串鍵愚生以来最近に至りその活動
ほ尭に日盤ましきものと申さなければなりません.私は鵡禽が明治三
十二年に生れまして以来今日の襲意を見るに至りました根本的翔由と
して汝ハの二つの事項を盤Tげることが旧来ると思ふのであります0即ち
その第一は農脅はその成立以来、如何なる融曾情勢の鍵持にも拘りま
せず、常に「頻は凶の本なりしとの大和民族の信條を堅持して盤民と
背柴を非にして釆たといふことであります.その鴇こは盤曾は融合情
勢の鍵化に伴ひ常に閑寂の墳諸に徒ひ、妖撃なる先導考として我が国
の遵業を指堵して水たといふことであります。この二つの事項は系統
農曾の滑りとすべき停続の精細でありまして、私ほ探く之に射し敬意
を表†るものでありますが、今後一層農禽は隣家の宰常に筏ひ、その
倖統精紳の高揚を周り.食指樹ま確保及び盤築新膣制の確立に邁進す
ヾlぎであります.
 時局電大の秋、この意義探き義歯記念日に醸しまして、私は盤民諸
君及び系統坐骨に舐せられました団毅的依命の祖・・加貢せられて参り
ましたことに付関係者一同が経き想ひを致され、各1その職分に感じ
て粂機簡の準揮に努め、典の庶意義に徹して頻発報拘の誠を致されん
ことを特に念隠して己まない次第であります。
                  (四月十一日AKより放送)