×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

春を迎 へ て

    y川 四月の一日、花の便りもちらほ
らと、何とはなしに人の筑将も宥
めいて狭ます.今日からはお役所
は新年度、準根性研磨年.家喪で
は春の表容へに大多忙、毎年のこ
とながら季節の切換へは、あはた
だしく、またうれしい・もの、おの
ずと心改まり.生括を新たに感デ
る日です。
 わけても−」の喝非常時、典雅準
公日として迎へたこの聯の槻換日
は常にめまぐるしいものがありま
す。大きくは世界佃野から嘲内の
政治さてはÅたさんの日常生活に
まで、びんと大きく卿汲ュものがあ
るに遥ひありません.
 来演女性じめ六大都市では、け
           小−ひ▲「や弓
ふからお粥の通偵剥が架行されま
した。一二度々ヰ外で食耕盈するカ
は外食券といふお米の切符を使ふ
やうになりました。そしてお米塵
さんも斯挽制。燐しのりれんをた
たんで今白からは何々術数商常軌
合何々支所といふ、お仇\所みたい
な看板をかけた配約析になり、昨
月の店主屯、今月は朝合の月給取
りになつたわけでナ.、
 お喋など有り放つて、H首Tして
甘阿倍穀伴つて行かうかと心配した
掛代もありまし七し・お米廃さん
がお得若か丁たる叔革にしのぎを例
つた時拭もあ勺蜜した9忽へ憎経
れば燈る世の中で†が、そこに私
どもは粋刻な時局の移りかはりと
今の非常時の薮を見失つてはなら
ないと恩ひます.
 それは、頚慶をはじめ甘木に微
意おもつてゐる外嘲がデマか飛ば
してゐるやうに.決して日本が参
つて来たからではありません。
 月中が立舵に馳申をやりとげ、
これからの世界の檜舞正に張出す
のにふさはしい、闘内の絶制を盤
へるためにやつてゐることむので
す.
 六千高潮民といつてゐたのは、
つひこの糊のや弓に恐ひましたが
今ぢやみんな、民一億と口ぐせに
いふやうになつたではありません
か、
 それだけ召本は大きくなり、故
背のやりくりも大襲になつたので
ナ.
 ですから、今までのやうなのん
さな仙春し振りや門構へぢややれな
く止るのは歯然でナ。けふからの
お軒の新肥制払その叫つの現れで
ナ.替の自由の単音弛つてゐれば
(已さ)
何かと不平も短り.ぐちも出ませ
うが、攣る方も、▲買ふ方も、そこ
は物の考へやうで†。小我を捨て
公につくといひまナか、みんなで
国家の命ず†Q研睦制をもり立てて
行く気持で行けは何でもないこと
です.
 柑航も
 Fの☆…を
 化仙々と
笑つて突破 持久緒
戦ろ心は  韓丸い
笑つて睨め 太平洋
 こんた気指で、みんながゆとり
をもづてやつて行けば、何でもな
いことなのですP    uへ
 †蓉亀迎へて」伺だにがにがL
い話をするなあとおつしやる方が
あなかも知れませんが、
 よい春を迎へるには忍苦十年の
桐淀む必窃なのでずJ.P−マは一
日にして成れるにあトず』といひ
ますC あのすはらしいドイツの勝
利、偶軸の悍浪絞りは世界の治男
の的で†。この容にほイギリ方に
射し一氾に相棒的攻妙に山るだらう
とも柑へられ.成勤のよい春の話
題を、私どもに措げかけてゐます
が、その踵にドイツはどんなに苦
界と犠牲を沸つて来たかを考へね
ばな巾音せん。この冬の間貸々と
Lて額山撃ヨ鞋して嫉ました.
 そして今EのドイツをあらL盗
をまでに、ド一イツ軋摺はどんなに
苦替し、不位麻に駄文句牽いはず
閣家の再建に畏さげて充たかを瑠
へねばなりません.
 切符側、日本ではやつと最近、
マッチ.破婚、お米、綿等、生活
必媚品に切符渕がとられて衆竜し
たが、こんなことほ、ドイツ患は
じめ、イギリス、7テンス坐り為ち
ドではずつと諸からやつて石たこ
とでず。切符制は考へやチで甘、
必客なだけを開演が四民に搾控ず
ることです。でずから軒符偶にな
つて不妊由だなどと竹へ句をいぷ人
があるやうですが.ぞんなことで
はピ、つして今日木がやりとげよう
とし⊂ゐる研秋山悸建設の大事業が
帖粥ませう¢
 新株序はひとごとでもなければ
辣へられるも〃でもありません。
みんながめい扱い新秋抒を作者案
になづて鎌流しなくてほ‖氷るも
のでは為りません.     VH さういへば席近、どう・》世の中
が少Lぐちつぼく、また尖がつて
来てはゐないでせぅか。みなさん
紳純が少しピリビリして水てゐ左
やぅなことがありはしないでせう
か9
 例へば商店へ男ひものに行く、
『そんなものあ巾ますか』と創も
ほ石石の緻接拶、晶をよらふた思
へば、叩.これは公告情緒でずから堪
らないで下さい』と衆られては、
『賢り嘗策に質ひ言J貰寛び手の
方もつひどなりたくもなるといふ
わけです。南東もしにくくなつて
硝人にも御簸の得でずが、ここほ
時局にふさはしい所領人道信躾き
て、魂切に感得していただきたい
し、民ふ方各自柑の欝がを巾音せ
ろノ●
 お互ひこカニつて見てもご一■文つ
得もおりません.そ托どこみか、
くしやくしやLて不愉快になるの
が渚ちぢやありません巾。
 交流構閑の雄沓に句あり♪
          ▲〃きちし
 「押し分ける 人海豹の 成に
  ▲似る」
 なげかはしいことです。
 お亙ひにもつともつとゆ−ぐりを
出て、笑つて時局を乗切る筑持で
行か・つではありませんか
「押し分ける 人海豹の
似る」よりは、
「印革へ 笑訊で譲る
一駅に
(29)
手が並
  げ」
 r怒鳴られた 客に稟顔で
  符切石」
と行きませぅ‘

 もつともつと世の中に健康な、
う右ほひの華甘笑ひを速り込まう
ではあ勺ませんか.
          ゝrご
 親切がし#て心り 角がとれ
愚痴笑礪心;で稲琴
 忙しい 中にサービス 行き届き
心から品に英州榊を
ヽヽ小ル
他出の 笑捌に放
椅まへ
しやい
この衣に
笑賦
家に待つ
笑舶で
 添へて別掲り
 批きてゐる
いつていらつ
何はなくとも
この
笑現にとんで郎るな
  lれツ
 笑ひ顔 向け巾や棚手も笑ひ齢
ほんとにはほゑましい凪灘です。    × 時局が京大だからこそ、築ひも
必審なのです.笑つて時局を殖切
る大洗盈が必嬰なのです.帝望の
容に備へてまだまだ私どもの戦時
睦制は渦化されろことは愛惜しな
ければなりません.公悩の繊柵ま
でが岡収されて、祈らしい閥妖の
御用立てをしようといふ世の中で
す■考へて見ませう.茨賛朝食と
呼ばれたこの聞の第七十六潤曾で
け、線叡百二†入位胤に鵡nる今
†六年度の球界がきまりました.
そして八十七作・トほnる椛岬比和
が協難む鮒∴ぞくぞく公和され
また蝶施され丁ゐま†。
 しかもそれ瑠は、朗妃牡消に世
接または間接にピンし.甥いて氷る
ものが多いの∈すP悼円の政肘の
時制で、その桝低釧湖朗吋⊥げて
ゐるのですが、ちよつ−し拾ひ上げ
て見ても、細衆組軌⊥1汰の改正は
招済界にとつては大きな関心♯で
せうし、いも頬の代川女を粥状皆
川〓水るやうにする米穀の腺念梢
塩に関する法律改正とか、Hニ“寸
五億貯寄へ播鵜するための「憫N
貯番組合批難」とか、耶朋な址緒
が搾山あります.
 これ等の職時法律に鵜づいて、
戦時政雄がうまく行ほれ、ロ〓十
入磁といJ過大な珠鮮を肌つて行
くためには、政府も大いにがんば
つてやつて行くことはもちろんで
すが、みなさん方もいつしよにな
つて贈礎し、協力していただかね
ばたりまけんD宮代一他L」いふ雷
・弊でほもうぴつたり水ません.官
だNだといふ捌念穀すてて、ほん
とにこんl陀にとけあふ気持で、
H木が、来粥の杏陛界の日本とし
て伸びるために和山拝しなければ
なりません.
 時はまさに容、閉池のとき.大
政繋賛漣励もいまや力強い巧拙殆
をしようとしてゐます。そして今
‖は、さつきもお話したやうに、
        h,Vヽ、
新年淀、新車湖の筒途の日、なつ
かしい準校が七十年の憎純にさよ
ならをして、疏氏弊杖として再出
発した意義挫い日です.
 みなさんもこの日む記念して.
この日木の非常時むぐんとのみこ
んで、どつしりと、和も笑ひを忘
れず、研らしい職緒批消に飛び込
んで行つていただきたいし」思ひま
す。    (四月一日淑左)