×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

聖戦第五年の春 神宮の施設整備

 紳宮の宮城を娘僻地粥すること
は、長い間の懸案となつてをりま
したところ、恰も艶職印瓦年の容
を迎へて、いよいエ明後日伊勢の
宇治山田市に於いて、内勅大臣を
ほじめ、関係の大臣が参列しまし
てその収「・幾が盛んにとり行はれ
ることになりました。
         ⊥}上づけ
 抑宮は製大抑留と魅受大抑留の
二つの御軒の組柄でありまして、
伊券新宮とも申し上げてをります
が、正式には単に「餉宮」と申し上
げるのが正しいのでございます。
 鼻水紳官は 天焔火糾をお観り
          ト.て んT洪
申上げ、宇治山田市の紳路山の競
い hT ナ
五十鈴川のほと勺に餌りまします
のでごぎいまナ.    ヽ
        ′、に打一qふこL)
 天照大淋は御孫世故杵食を蜘降
しになりまして、この園を治めさ
せられるに潜り、御紳勅を岨ひ、
鵜健一系の天皇を破き解る我が節
煙の裁板を判定めになつたのでご
ざいます。また大神ほこの特別し
 や た乃ゝ−−山 1V ト〓り七山′七  く■.りYルウ右と
く八性釦、入叫破約正、恭郷劇
を填租杵食に臼ユ位の御壁として倒
授けになり代々の天凱ほこの御鮫
を宮中にお祀りあそばされたので
ございますが那十代の 艶榊天虫
の絆肘酎が鮎批粥h移し雛り・そ
       ナあに心
の後節十一代 粥仁天出の矧代、
今の地に大料を出り矧祀り小上げ
ることになつたのでございます.
これは、紀元六舌五十六年の廿.
いまから一千九竹田十五年前のこ
とでごぎいます.
 盤愛犬抑留は型受大仰抑を伽祀
          たかく▼りや土
山申上げ宇治山田市の摘倉山の故
に鱗りますのでごぎいます。准愛
犬抑は衣、是、住、生産のことを
司り給ふ紳様であらせられまして
天照大耐はこの紳上り五淑の瀾を
       わナ
受けて人々に郷刑ち遊はされ、
天採降臨の際にも、この櫛をお授
けにな勺ましたのでございます.
艦愛犬紳は放め丹故に酎触り叫上
げたのでございますが、郡二†一
代の 桃略天虫の掛代転元一千百
(男¢,)
三十入年、今から−千四百六十三
年前今の仙叫に仙仰迎へ小し上げたの
であります¢
        甘い′ヽ■,
 なはこの二つの正常Hの外に、抑
宮では 伊非硝籍付弊付合をはじ
        kんゆトり               々り
め▲準り、桝山細川轢い放い紳々斗別
打として釧祀り印し上げてござい
ま†.
 このやうに抑留は我が閲の環も
救い御材でごぎいますので、塩室
  †ん一【}
の御稚仙小机摘めて俳…く、烈族穀染
もとLて釧似り遊はされ、年小の
榊然もい和めて描かに執り行はせら
れるのであります。又糸基や閑寂
に爪火な出水車のあつた場合には
陛下糾料ら御慶丼仰準背遊ばされ
或は弛使女御造はしになつて、準
解せLめ折ふならはしでございま
す.
 この抑留の鈍りま†字拾山村山
  々こと
地ほ仰稚に焼く威かた帥印日米の弛
地でございまして、この染地を娯

仙へま†ことは、私紫朗托のつと
めと印されるのであります.
 古い配銑によりま†れば、茄十
飴川から架の内宵の抑域には住宅
をつくろことが禁ぜられ、また外
付‖近くにも拙宅をれつてはならな
いことになつてゐたのでありま
す.然し小枇以後代枇の胤れるに
つれて仙叫山肌にか人絹が泣くに
山水るやうにたり、納付の蛤さを
・零ふに溌つたことは堪に恐れ多い
ことでごぎいました。
 舵川仲代にたり†しては、内宮
炎」の際、冬少人滋をと巾のぞい
て竹‖叫小肌くしたのでありますが
未だホ十介なも∽であり†した。
 宇治山mの心ある人たもほこれ
を慨きまして漸く明椚十九年にな
つ丁紳柏餅むつく‥前納川何脱†
を敗北に仰ざ弥り、粘くも〓韻の
軌†川企、各科域の御指附公、こ
れに山舶川川の指料金k仰せまし
て、新たに抑和(紳科のお彪)を
     押入bのl中し
閃き.軒叫林むひろめ、また徴肯
mや殺抒爪む詣けるなどして、す
べてこれを紳J打に献納Lたのであ
りま†.
 大群二舛年になりまして.さらに
押花をひろげることになり‥宇治
拙から外の−部の人家たと山際い
て、抑兆をひらきましたため、締
切の合さほ漸く保たれるやうにな
つたのでありま†9
 かやうにして紳殉禽の構勧山水
帥宮関係の施設は、その而‖を一
新したのでありま†が、一筒改拳す
ペき粘が秒くなかつたのでありま
す.さらにまた、史族院と衆瀦‥院
の両院から、紳都染地計湖に関す
る純仙謝などもありましたため、政
府に於きましては、昭和十一年の
九月には刺合む以て内戦大田を倉
長とする緋宵関係施仙稚耶禿禽を設
けたのでありまして、この調査曾
で紳宮山関係の施設を施へることに
ついて一つの案が伯水たのであり
ま†.
 この実のあらましを・叩し上げま
†と、内宮の宮城に関する施設と
しましては、帯一は宇治橋の外の
宮城を縄張盤開へひろげととのへ
る)こと。第二は五十鈴川右岸の
宙域を槻張賂解すること.雄三は
五†給川流城をととのへることが
純げられてをりま†.
 次に外宮の宮城に鵬†る施託と
しましては第一は外材の前面を伊
張盤腑すること、鍋二は外打の釆
仰の地域を柑舶兆仙すること穀桝
げてたります。
 また蛙物の盤鮒とか→での他に開
  こと小ユリ
する却椚といたしましてほ、妨}
は勅位舵の新郷.飢二は怨尭の官
舎と紳宮司胞か移柑し改築するこ
と、彷ご.ほ抑軒文仰の抑択、桃川
は抑宙徴箭mや黙災飴を大計くす
ること噂和げてを〜ますが、その
他紳宮鳥研鮒和犬単にすることと
か.その外汁湛とか[碑の址賂や
押を移Lたり、剋賂を新たに設け
たり縄張したり、また上下水道を
設けることなど穀掲げたのであり
ます.
 政府に於きましてほ、この案を
基確として湘ヾました拙梨、昭利
二十凹年までには、その生む部分
を是非とも仕上げる激増でゐるの
であります.帥付は二十年に一皮
く97)

御地り沓へになる鮒さだめでござ
いまして、丁度昭和二十四年が式
年御耀宮の年に留るのでございま
す.このため政府では今年から昭
和二十四年に至ろまでを妨一期事
宅として約一千入胃粛凰の破算で
封施することになつたのでありま
す.
 r何ごとのおはしまナかは知ら
 ねども茶けなさに浪こぼるるJ
これは居O知のやうに、曹西行汝
師が伊勢神宮に参拝のみぎりよみ
ました秋として故に停へられてゐ
るのでありますが、沖官は寛に督
から坐りない紳関目本の敷地でご
ざいます。
 今や紳宮の紳域をととのへろ池丁
俄椚は全くなり、いよいよその山格エ
娯が、明後日字い旧山刑市に於いて
盛んにと勺行はれることになつ七
のでありまして、このことは串襲
下一入意義扱いことであり拘に私
共闘民の感激に堵へないところで
ありま「。三月二十八日放送)