×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

武器貸輿法盈敬
の意義に9かぞ
 第二倒の士喋改選で世界の現状を速ヾせkした粁、准鋼に欄しまして
は、いはゆる武照貸輿故実が成北すれば耶大な峠矧に入るのだといふ
ことを申しましたが、その沈毅は三月十一日鮫こ扶律となつたのであ
ります0私は何も米団のこと穀彼これ云つて議論むするのでありませ
んが、汝律上からこの開祖の演義か御講して見たいと思ひま†。
 先づ経過を見ますると、武器貸輿といふ考へ万は、ルーズベルト大統
領が、昨年十二月二十九Hの蛸遠州談の瞭準訳したもので.一月六日
の教涛に於いて、その渋川k抜歯に怨娘し、次いで、小〃十〓上下柄
院に民主来演貝から、花式に法案抜出となり、その緯卜下柄院の外交
委員骨太怜議を纏まして、建ひに上院から修正斗椚して、†昧へ担伺
されました法案を.二宮十一日議決し.同日大純伽のb名を待て法律
となつたわけであります。法案凝拙から二ケHであり溝す。其ぜ曹は
 「大洗例は仙川山防聴か朱印出身の悠め、紹刑必史と思帖する醤
 合は、如何なる図に封して、如何セる純如のポ滞賓材をも甘却・
 坪輿乃至その他の方法によつて供給し柁、布純絹賓材とはA・後製
 造さるべきもの及び胱存のも〃をも含む0(佃し眈件のも山を輸送
 ナる場付は神郷督励が常絃器制の最斗米的閑防に必姿ならぎる旨
  の保詑に新和することを繋すJ
(10)
 ニ、米均と次好槻侍にある変埼閉山瑠溜漁村に封し、釆切に於いて
  試職、侭正、脹傭、その他の描性を消じ.その機慌を金的に狂挿
  せしめることを和.
 三、栄凶と友好刷偶にある詔外的政和m岱め竹野、代替の描鼻群エ
 晩.敵船併称に凝滞賓材の製造た命じ村。
 投出法案に射し、埋出けいれた條砧休場で採決されて法紺中に入つた
ものの内震ギな粘は、金劉の佃択であ巾まして、「陸海欝の現有武雄」
及び「碓井を得たろもの」に射し、「十ニ.惜ドル軒睨り、試合の飛認を
桝ずして外材に代糾し柑る』として川ります.一。姐打水稚h及ひ「鴇¶ゲ
影待たるもの」と択つてをりま†から、これ以外のものならば、糾睨
は拙いのであ巾まして、現に、ルーズベルト犬銃飢はこの法押む泉他
化するために、七十億ドルの特別珠算を、ニh力十二‖都合に払出した
ことによつても桝暇であります。
 この沈黙の鮎抒は批耗松山硫が胡叫した過り『木壮は米椚む比主主
拳例の、m稲工均たらしめんとナろ政災む、耶に池川∽形に榊潤した
ものに泊ぎね』ものであります。〕川火柵袖が木月十正nの桐謝の小
で「民衆渋我の兵稚拙となりつつある」と小して射りまナ.
 法律の馳抒が右のや、つに政治的でありますから、闊内法はもちろん
酬瞭法とも輿なつたことを規治してゐるのであります.現に米鳩粥務
長官も一月十四8下昧外交委鎖骨で∵でのことを永祝した快速をして
一〆ります.郎ち
 ヽIノ
〓 ジョンソン法ほ.政府弛に輪椚入銀行の如き、訓令の承祖を揺
て詔北せられたろ、常北に過榊なきを出て、本決穎と瀾係なし.
 ロ 中升扶郷七憐は交織姐に掛寸る桝汲またはクレヂツトの供粥を
 ′..\
薮止するも.右は政府に池糊なく、且つ木法案成史せば右禁止演定性
失敗ナウ
 ハ 米開法梓集約十入雀肪一一十三條は.米桝内に於いて交聯財の伊
和すペき船舶の脱出を、同飢二†出肺は交概剛脱舶の拭兆柑糾を、同
餌三十三條は米閥より交戦川向として、建抱擁映せろ細鮒の〓沌毅然
止して居るが、何れも本法成♯に依り失敗す.
 ←一九〇七年海舛條約妨入桐撃ハ條.災†七怖及び欒丁入株の演
完は存するも−英及び伊は右締約園に非ざるを以て、硯職研に右條約
の禎榊なしと逃ヾました後、末法築の鳩払は通常の祁版に於いては、
米を非中立の地位に牡くべきものであるが.拘仰が批に小立閥の純利
か喋拍して居るから、耗早中立に鵬すろ法規は約みとならず、月つ本
件稚tは自席捕†と稲し梓「し、といつてをりまナ.
 右の内∬【法は別と†るとしましても中立法の犠鮎川沌称の粘は矧
飛知のやうにアメリカ硝北馳野常時、アラバマ湘耕作に関併して.英
国との閉交断柏を勝してせで柑立した、いはゆるワシントンニl伽州と
栴するものでありまして.その後閲際法で中丸汰加とたるに至つたも
のであります.米例の泥舐ほ、倹」棚のいふ過り門小☆法は摘みにな
らず.日概括胤で行くのだ』と云ふことにあるのでありませうが、団
際牲から見て如何と思はれます.
 従来の駒作法に上巾ますし」中女例の義務があるのであります。即ち
中立関白身が交戦餉の→方々凍助することを避止†ペき義務はへob斉−
1・盲○nb邑▲蔓】〇〇)中北憐の領域内に於て交職闘一万の俄寧上の目的
を進捗すへき行侶を禁過すべき襲務ハ○⊆m巴岩ロ0{勺a一1呈■岩)等があ
巾ます.従つて−」の碓氷の明瞭法の執念から兄ますと、武糠袋明渡が
州来ました以J、その址仰が査職印双方に入山斗に瀬川されない弧り、
中立といふこととは矛臍するかけであります.もちろんこの法律は射
〜11)

碍頒助といふ政治目的速成の愕めに作つたのでありまして▼その積め
にほ鑓水の欄紹法は・もちろん、米糾の準素にかかり、米閑の俸絶とし
丁食窟して衆た、中立換戌なども平気ですてたと云ふことが罰鮎であ
りま・r。
 環初申した通り、私は米閲の政策を云々するのではありませんが、
我が外交方封は世原動嵐の一旺も早く終止する方向にあることは、仰
双紙の通でありまLて、米国に対して虫こ」の方剣を明瞭にすると同時
に、米圃の新法終はこの和より見て、危険性穀有すろものであろこと
を特に逃ヾて、他界の大局上より贅及を珊増する次鵠であります。
                      (三月二十抜放遥)