×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

窓幾菜統制
法 に つ い て
     農林省洋銀局掛政課長

諸綿葉は、皆さんもよく御存知
のやうに、我が飼輸出貿易に於い
て常に鮪一位を占めてをりまする
とともに、農村経済にとりまして
は米についでの克宰さをもつてを
ります.
 然るに現在、我が頭が立つてを
ります園横領貨に摘みますろと、
溺綿発の滑来について、根本的に
考へを釈らたにして行く必蚕が、
慧せられるのであります.
 生親の執出先は、現在殆んど米
頭一同に集中してをbますが、米
閥は御衆知のとほり、我が国の大
使命であろ東亜共集担の建設に反
射であります。この来迫した同捺
榊領から考へますと、今後ある墳
甘に生擁の持出が珪するやうな
山 添 制 作

ことは、常然起り得ペきこととし
て、埋め碓乎たる準備を整へて置
くことが必礎であります.この日
的に鷹ずる池制を樹てておくこと
が、芯林業練偶法の第一の目的で
あります.もしさういふ均合に立
ち至つたと仮定致しますれば、我
が銅板椎薙瀕の串情から考へまし
て、鵡と生練は現在以上に宜審性
を加へることと息ひます.それに
はいまから混線菜を挙げて絢換し
得るやぅに、統制榊構を盤へて偉
く必魂があるのであります。
 つぎにこの他律の目的とします
ところは.蕊綿兼の安定を岡る恒
久的な目的でありま†.我が軌兎
黎童薬の中でも、耳掛架ほど鍵勤
の政しいものはありません。徒つ
て藷練寒の安宅いひ代へれば、
甫、墳綿山偶格の安定を周ること
は、式淋故紙の中心であります。
この目的の馬めに、馳来もいろい
ろと封衆が掛てられてをつたので
ありますが、今岡の常緑業統制法
に放きましては、割期的な徹底し
た方米が何てられたのでありま
す。しからば、以上の目的を達成
する方法如何といふことが、この
法律の内容であります.これを要
約致しますると、二つの事柄に相
成ると思ふのであります.
 第一は.閣内滑費に定鮎を紅く
生轟の計霊化であります.
 溜綿弟といへば漁撞から革.そ
れから単線の順序になりますが、
これを一文した一定の計立の下に
計混生窪穀故†こととするのであ
ります0すなはち政府に軋ぎまし
 て、内外の滞班の状況と、また詞
民の沫生活に必璽なる方南に、ヨ
練の利用を湛めて参りたいといふ
滑贅の計登を考庶政しまして、見
 積、#及び生執の虫垂計繁を究め
ましてこれを蕊綿業者の観組に移
し、風捜はそれぞれの生産者に剖
常生産を揺さしむるのでありま
す。これによりまして、靖黎と供
給とのつりあひを保ち、禁絶英姿
宏の基礎工作が旧来るのでありま
すが、さらに計諾生産は内需詫鮎
主義によりて、用途別に生産の分
化を潤つて行くところに大きな意
味があります.すなはち輯締の製
造に於きましてほ、輪指向の単線
ほど多盈に、ただ習慣的に作るこ
とは、不必髄でありますから、今
後は壌機構出に必噴な数盈を目標
として・農林大臣が通常な製淋葉
考に勤し、生箆創常を致すことに
なります。これは輸出生淋と、同
用生納との、生藻の分化でありま
す.
 つぎには細山梢常数盤を斬らし
く塩繊維として使用†るとともに
養砥に於きまして、一部新用途に
通常なる、所の生蛮む和つて行く
 ことでありまナ.蒲を生線にしセ
 いで、そのままの横推として「ス.
(▲4)
 ヲJや劫丁宅専他の血【堆と湿」用致し
ま†ことは、…喝推考瀬を色仰合的に
・有数に利用†る意味からも.また
耗線の用途を観民生時の必黎な方
南に接げる恵昧から申しましても
極めて大切であります.徒つて生
線の生焦敷丑ほ、或る程度これを
軟少女しますとともに、所らしい
鴇繊維の方面に用ひま†鮪につき
ましては、生産費の安い、良質の
粗い、芳晶耗を漸次に弛めて参る
方針でありまして、これが養濫分
化であります。
 内容の第二は日米欝総統制株式
曾敵の設立による、町拾の緋佃と
償格の安定であ巾ます.日米艶締
統制株式昏祀ほ、資木金八千古風
で年賦排込であります。また政府
に於いて資本の牛村を出資し、叔
初五鯨年間は凹分の粗常を保誰し
てをります.この間鮨骨組が封郡
鈷叩、染織の一手貫入及び一手配給
を行ふのであります.すなはち欝
鍵業者は、自分の作つた討軒、繭
生掛の男込の心配もいらないし、
また製也椚琴者は、原料済の買入に
丼表する宰もない.骨社が一党の
宴で、公平に突貫をやつてくれ
るといふわけになります。ただし
掛H鈷線につき雀しては、これを
合流の」手買収と致しますときは
外節の捗持上に、いろいろ不利益
がありますので、例外として製錬
業頚の直捺版刈を認めてをりま
す.そこで開祖になるのは山鳩格で
あります。従来鎖棉の誕劫が甚だ
しいことが訂締※の憎みでありま
したが、今後は政府に於きまして
讃椰、備、牡綿につきまして、そ
れぞれの生鋳也を茶碗として、標
準出揃を定めることになります。
この概準仙梢に凱づいて、統制曾
耐はそれぞれ晶常に感じた格差を
加へて、出際に適用する横路を決
充することになります。従来は内
外の柴窺と愉州の状況によつて、
鞍締の柑壕ができて、それから蔽
の椚祢が逆算されてゐたのであり
ますが、今後は輸出生紘の相場に
は粥係なく.生産数を基準にして
背と生血町の】仇梅が決し冗されるので
あります.換耶出生線は前申しまし
た洩り、製錬策者の直蒙脱力が許
されてをりますから、依然侶格の
艶勅はありますが、これも従来よ
りは、上ほど狭い一定の値幅の中
に安定せしむるやうに拷姪を致し
ます.
 なほこの統制倉敷が、渥触の}
手駒尺入を揺すにつきまして、将来
場合に上りましては、禽虹に生掛
の点川畑入が生一丁ることもあらうと者
へられます.この堵合仁放ぎまし
ては、政府ほ紡他愛奇特別甘計の
資金で以て.禽封の牡紡を買入れ
また反封に生紡が不足する場合に
は、政府かh骨醗に鞍紘を菓渡す
途も拓いてをります。この籍め仁
政府の特別合計の資金は、現在の
七千貴腐から二億五千論此に埼耕
せられたのであ〜ます.
     (三月十入日放選)