×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

颯爽「厚生運動」へ
     明日の活カに備へょ
  厚生還動とは
 ここに旺町生還軌にづいて地ペる
わけですが、†づ最初に、唇生運
肋とはどういふものか、これを明
らかにいたしませう.群生運動の
場合につかふ鮮生、つまり生清を
煙くするといふ官業は、身心の蚊
れを同視して、明日への括効力を
頚ふ、といふ意味を持つてをりま
す.
 私意はいつも元気濠刺と磨かな
窮柑で鋤くやうにしたいものです
が.よく似けば鋤く樫∵日の仕事
が終ると身も心もぐつたりと枚れ
てしまふものであります.この絞
れほ、その日のうちに、すつかり
癒しておいて、明日の仕革のため
†分力を滋へておかないと、翌日
も一肝元鈍に朗らかに鋤くといふ
ことは拙かしいものであります.
件の中にほ良く『娯柴も休導も要
らない.ただ働きさへすれば良い
のだbといふことをいふ人もあり
ますが、併しよく考へて見ると私
遠はなんらかの形で絞れを休める
やうにしてゐるものです.仕#の
合間に一服†るとか、お業を▲飲む
といふことも、これは“種の休養
であります.いつもいつも朝から
晩迄伽き通しに働いても、その割
合には、仕事は良く出来ないもの
であり†す.その日その日の疲れ
を宜ねて行くといふやうなヤり方
は、項を使ふ仕‡をする人にとつ
ても.また身挽を使ふ仕事をする
人にとつても、大鍵よくないこと
ですから、かういふ状態を長くつ
づけてをりますと、楕枝といふ恐
ろしい病気を持ち出す麻凶にさへ
なろのでありまして、やはり身も
心も池常に休めるやうにし、進ん
でほ次の括動に倫へて、英気を養
ふやうにすることが大切でありま
す.このためには鶏動をすること
も必婆でありますし、また健全な
慰安とか娯欒も必率なのでありま
して、それにほヲヂオ弘操なとの
盟背超勤や、在勤競技を愉快に欒
しみ、活動力を苛へるやうにして、
身艶を鍛えるといふのは良い方法
であります。さらにまた脊梁など
を欒しんだり、また雄行などをし
て見聞をひろめ、爽かな気将にな
るのも良いことであります.
 併しこれほ翌日もまた、元気で
働く力を蓄へるといふ意味で行ふ
ものですから、_叩をしすぎたり、
並びすぎたりして、翌日の仕‡に
さしつかへるやうなことがあつて
はなりません。醍染淫乱ほ、あく
まで、仕串の後とか、仕萌の合山間
の時間を事く利何して英気を輩ふ
ことを、本来の目的としてゐるの
であります.
 厚生避勘は、大漁このやうなも
のですから、別にこと鍵つた離し
いことではないのでありまして、
              一ワト●
背からある茶の湯とか、生花、詰

曲また碁や賂棋、盆栽なども†分
厚生といふ檻味を持つてゐるので
あります。

  非常時国民の活力カモ
(33)
 鉢L怪生超勤と申し††以上は
、人々々で、ばらばらになつて銘
銘で行ふものであつてはならない
のでありまして、お互ひに大勢の
人が手を瀕ぎ合つて.輸快に而白
く泡刺とした元気を盛り上げて行
かうといふのであります.そして
この窪軌を通じて身心をふ琴ズ情操
を殺め、また教養をたかめ、生活
を上り上く改めて、身も心もとも
に堆やかなものにしてゆかうとい
ふのでありま†.そしてこの超勤
は大きな図民浬動にまで鵡めら
れ、これによつて明朗でコセコセ
しない伸び伸びとしたた料鼠をつく
り上げ、非野時−岨民の汐刺とした
活動力を奉つてゆかうといふので
ありまして、卑生超勤の板木のB
培は、饗に開氏の活動力をエり強
くするといふことにあるのであり
ます。
 この醇生滞勒は史近郷く盛んに
なつて参りましたが、拝生蓮軌は
勿漁開局運動でありますから、国
民全鰹が野分て、男の人屯女の方
も.年とつた人も.博それぞれの
瑞堵で打つていただかなければな
巾ません.
 とりわけ仙靴山や工場.骨批、銀
行などに勤めてゐる・万々や、また
働いてゐる背少年、さらに御婦人
の・万々ほ、それぞれの職域で、ま
たそれぞれの場所で、邸盟をつく
つて火妙で厚生超勤を行つていた
だきたいものでありますP
 鮎川やエ勧.曾政などでは、性
山河犬歯とか武道大督を開いたり、
また瑞山や絶妙雄行をすることな
ど糾桝で†が、さらにまた桝教官
や竹柳鶴川を開いて掛ら無しむこと
も糾耶であります.
一ガ耕耗生の方々は、働いてゐ
る人たちのために、泊常に休範を
桝へるやうに心掛け、工場や職場
は締出にするやうにし、また任宅
や祷椚禽をととのへ、簸党や風呂
嘲、伯楽部.孤勅場などを備へる
やうにしていただきたいものであ
ります.
        川島ツ
 併し、かうした飴裕のないとこ
ろでは、補盛巾租今や工業組合など
で、共同の宵相舎とか、炊額堵.
また濫り矩避軌のためのいろいろの
施設をつくるやうにするのが池箇
と存じます。
 また家庭の抑婦人は、ともすれ
ば、家の中ばかりで扶持し勝・【Lす
が、これでは身膣のために良くあ
りません.時には明るい太鍵の光
の中で過懲に遊臥して自然に糾し
み、明日への活動力を孝ふやうに
いたしませう.それにはいま盛ん
に行はれてゐるやうに、隣組で野
築虚などをつくるのも一つの方法
であります。また子供さんめため
には遊び也をつくるとか、特に崩
い子供きんのためには、保養斯を
ふやすといふことも必製でありま
す。
 つぎは農村で†が、島村には村
のお祭とか、盆桐、村芝居等があ
りまして、曹から、かうした恍し
は村瓜人息の休拳とか娯紫の槻魯
になつて禿たものであります.立
沈な悍蝮浬勒となります。また最
近でほ映題や芋房を見せて、材か
ら村へと廻る泌倒映研班や、移勅
劇閣がぽつぼつ黎を挽ほしました
が、一方では村の人たちが自ら醗
劇脚をつくつてゐるところもあり
ま→.かうした試み払また厚生巡
励とLて辿常なものであります。

  地方の驚愕に郎して
 併し、ここで津潰しなければな
らないことは.かうLた捗生遊勤
は、その地方々々の賀備によく親
し、その土地の気風とか、倖統に
しっく巾あてはまるものでなけれ
ばならない、といふことでありま
す.むしろその土地の気風や條続
の中から、特殊な唇生荘凪が生れ
出て、地方文化といふ乗しい花を
絹ぷことが州待されるのであ匂ま
す。厚生撞劫は、地方文化、大き
くは日本文化を上々良く伸ばして
行くことに、大きな役割を果すも
のであります.
 これで厚生着とはどういふも
のか.あら首しを申し上げました
(S3)

が、長泣は瞬組とか町内禽や州靴洛
歯などで、運動曾や早抱合む恍し
てをられるところもありますが、
これもまた指梢な悍生湿劫であり
まして、かういふふうに桝組とか、
町内倉、部落曾などの方から、こ
の醇生運動を閲民環勅にまご盛り
上げていただきたいものでありま
す.

     )ハ

 そして身も心も健かにして、い
つも撥潮と職租なら職場、御媒姫
なら倒家庭で、lZ泉に働いていた
だきたいと存じます.このことは
結局は国民粂晩の汚動力を上り強
くすることになろのでありまして
先ほども申し上げましたやうに厚
生浬勅の娘本の目頭ほ、牡にこの
囲民の括勅力をより狙く†るとい
ふところにあるのであります.
      ハ三月十二日北畠)