×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外国為替報の改正に就いて 大蔵省為替局総務課長 野田卯一

 今川溺禽を流浪しました外朗拐
伴付則法改正衆に加仙きまして、そ
の枇咄む御謝明叫上げたいと存じ
ます.
 攻が堵に於きま「る岱郷管理ほ
m和七年七月施行せられました資
本洩盤防止洪に始つて、これが翌
八年五月馳木的に改正を加へられ
名前も外聞持櫻管媚法となりまし
たが、これが現行の馬林管槻の根
本を指してゐる漁待であります.
 従来措辞管瑚の日憤は日木と外
周との間の資金の地道入りを収縮
灯その聞q紺新教町り粗雑を合性
せて抒を日本の沌父の努外胤価触
ち馬瑞相勒を確定させるといふと
ころに在りたのであ巾ま†.
 柑在の漁紺地そのやうな魅昏で
出来てゐるのであけましで昭和入
年架施されてから欺他の改正む盤
て今什に喪り管領平和の時に於け
る掲称管埋としまLては略1完全
の域に迄透してゐるのであります
 ところが一昨年陳糊職撃が勃盗
しまして川北といふものは、敬平
に参加してゐる執ほ勿駒でありま
†が懇加してゐない閑も.瑞つて
指怖J付光Yし川帖力を弼く†る広
めに自己水位の政策を碓つて衆て
をりまして、その程度は益1招刻
になつて充てゐるのであります。
 また昨年排日均伊三離條掛か出
来ましてからほ、日本を廻る閉際
状勢といふものは組めて複雑にな
つて衆てゐるのであ勺まナ.
 かういふ欣妙に野しまして我が
南の組済力を支へ、札り伸ばして
行ぐ椅軌には鴎家としましても、
それ柑馳也力弾い秩穏的か静態を
(37)

】喝丁る必要があるのでありま†.
この度の外剛招杯管馳法の改正も
かういふ斌妹に於いて焦されたの
であります.
 今岡の改正は朴欝照汎に亙つて
をりますがその中泉も試黎と風化
る三つの鮎につき御祝明致します
 第一ほ日本の外図に封†右経済
ヒの利鵜杉迫る摘めに必要なる場
合ほ日本園杓に放ける外閑人の鰻
粥活動に封しまして各種の制限を
加ふることが山水るやぅになつた
靴であります。これは外脚に於て
日本に対して鮮河上の胚迫巾澄別
待遇が加へられ、又はその恐れが
ある場合に於きまして我が閥に於
いてもその国の周民の我が閉内に
於ける経済活勒に射して相億思ひ
切つた虞躍む執り縛る薮弊を盤へ
まして、外脚側から河白くない都
をしかけるのを確防する目的を有
つてゐるのであります.杜つてこ
れは日穎側から挑竣的に賛助する
と云ふことほ決してないのであり
まして、政府常局としましても飽
超出舐し、偶謂な態度で旺むH琴で
あ巾ます。
 靴二鮎は外聞馬券とか外奨挫穿
とか、或ひほ外砧に花る財産につ
きせLて、政府が必髄に麒じその
m人やi却針仲じたり.共の他棺
桶の指揮命令影揺すことが拙氷る
やうにしたことであります、これ
はH水人桝外聞で有つてゐる財産
を域全にする或ひは汚かして倣ふ
戎ひは口木粂馳として必墟な取引
計仙人の利縮む度外況してやらせ
ろ呼の招めに、政府が民間に種々
命じ糊るやうにしたのであります
 捌三粘は、口外と外桝との聞の
色々の収引上の決済の方法に肋肌い
て故山肘がかうせよとか、ああせエ
とか相似を摺し杓川るやうになつた
ことであ巾ますD これほ日本が外
閉と柑畔や淡椚方法噂に関する條
約とか、協建とかの収機を締鰭し
ました際に、その取▲柏に筏つて我
が岨のその閥との取引が行はれる
やうに監督し統制して行く上に於
いて必鍵なものであります.また
その他外国との攻引の決山河の仕方
と云ふものが、穀近の世界の状増
に於きましては、僅々と挺つて行
くのでありまLて、かういふ状態
に過渚した過り方針指導して行く
岱め必要があるのであります.
 以上申組ました三鮎が改正内容
の主審な曲で御座いますD
 元来外肘【桔山樽管甜法と云ふもの
は、政府が侶啓管鎚をして行きま
す上に必努な椛餉と叫しますか、
法押上のカを践く帽朋く定めたも
のでありまして、評如なことは大
絨省の省令で決めることになつて
をるのであります。この度の改正
法に‥訴づく大線省の省令は目下沸丁
術中で速からず公布になる管であ
りまして、その際はまた、改めて
皆様の御諒解を縛る持合もあらう
かと存じます。衆筏に木改正法案
が河合ぐ鮮演中間也となつ`鮎に
つき一、二・申上げます. 1
 先づ木改正は国民経済に正大な
影響を輿ふるものであるか、政府
はこれを十分旨く甥施して行ける
かと云ふやうな穴山阿がありまし
た.これほ刑尤なことと伴じ甘す
が、政府に放きまLては、葛管
理については†年鑑く軽扱を持つ
てゐろのでありまして、この蚊正
な栂励む兆髄にして、これに桝究
を加へまして榊滑にやつて行ける
と信じてゐる次餌でございます.
 それからこの姥の改正案に依る
と、政府は戌聞の沓に射し外聞環
替や外閥に祁る財産につき賓入や
賓却その他脱い純関のことを命令
し縛ることとなつてゐるが、その
摘めに民脚の老が損失を鮎つた場
合、政府はどうする堵であるかと
云ふ、質洞が御賄いました、これ
に野しましてほ政府に於いても†
分考織胤を妨つてゐるのでありまし
て木改正炎と併行して五億劉の瀬
昇を軌叩求し、政府の命令の馬めに
民間の方が択失を袈つた際は五億
凹よではその損失を祁伏する輿的
を一馬すことが出来るといふことに
つき捕食の協梵を待たのでありま
す.この倒推を充分括何教しまし
くさ8ノ
て、局Zの方々に御心配をかける
やうなことのないやうに致す考で
ありますから、徴安心願堆いと存
C‡ナ.
 ◆囲の改正法符及びこれに盗く
大赦省の省令の壌用につきまして
は改が南の利益.我が閥民の利銭
教鞭渡して行くことに粛粂を矧し
庇いと考へてをりま†。共の溌行
上代榊の方々に郷手数を蜘はすこ
ともありませうが、これは魅力軽
く少くするやうに特に注意を沸ふ
考で御座いますから、皆様に於か
れましても政府の意とナる断む充
分肌汝僻下さいまして乾幅の御協
力む出きま†るやうこの繊倉に切
に捌蹴Tる次妨で御捲います.以
上女出て御批明を終りま†.
      (三月四日放逮〕