×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

春捲き 野菜で食糧の増産 
お庭の空き地を利用して

  垂地利用の丑稚坤尭

 鹿蔭物の収穫を確さうといふ食
撫増蔭汲勒は、いまや大きな国民
運動として、皇国に展開されてを
りま†.
 昔から「山陽が液つては磯は出水
ない」と申tまナが、歌学をして
ゐろ今日.真べ物が不足しないや
うにすることは・軋も大林なこと
で†.この農務物の収機を確すた
めには、枚府でもいろいろ引研nし
て整りま†が、この食視増盤計雀
については、常にこの図民挽本の
時間で申し上げました。
 食概を沖山作るためには、もち
ろん逮夜の方々の卸カに依らなけ
ればなりませんが.併し少しのエ
宍とh野カがあれば.多くの人に…m
来るのが蛮地の利用に上る食稚の
増産です.
 率地はまだまだ和音ありますゥ
工場や碓宅にするつもりで田や矧
対決したけれども利用†る人がな
いとか、家を建てる材料がないと
かで、耗革の生えもにまかせてゐ
るのを良く見うけることがありま
す.まわ川に治ひ、ときどき水が
出るため飴り排さないで放つてあ
る土地で屯、エ犬の仕方では、も
つと桝すことが出来ま†し−手泣
かなところでは、庭先にも無駄に
遊んでゐる地面や、またちよつと
した模様替で為に出衆るところも
少くありません。
 暴祭にある各地ほ、人手に飴裕
のあるところでは.農衆組合や農
奴の阿胱て利榊Tるやうに†れば
環叔薇果がぢるのです。都合に況
いところで仙壌家の方々の人手も昆へ
りないところでは、準校とか役所
曾敵や工場、確池軍人曾、青年圏
墟州人一曾.町内官等の手に依るのが
適常と存じま†が呪在欧に各地で
革校や工場の野英畠が野山出来上
つてをります。また性宅地などの
小さな蛮地では、桝組の人たちが
伸上くl桃川に野花小」昂をつくるやう
にするのも一つの方法です.
 鹿北の蛮地はめいめいの御森厳
で上くエ犬して、利用して抱きた
いものですが、庭の仙粥の頂かな土
地でもお苧や菜つばを櫓ゑ.一家
でたべるものは自分の衆でつくる
やぅにナれば、それだけ食枕を噌
喪した−」とになるのですが、また
一家の督黎の粘からいつても、短
所の粘からいつても結構なことで
す.
一般に都合に住んでゐる人は、
賓づ物や土地の有難さ、壊さとか
また土に観じむ碍びなどを忘れ聯
のものですJ H分で土に糾しんで
督を折つてつくつた野菜を、タベ
の食革で昧ふことは、格別の紫し
みですし.また自然の大きな力む
しみじみと感ぜさせちれるもので
す.かうしてこそ現在農産物の増
産に、涙ぐましいほどの働きkつ
づけてをられる、農家の方々の御
苦労もよく判るわけです.かや与
にしてめいめいの御家庭で作つた
もの屯、これを併せて日本全線と
して見ますと、ずゐぷん大きな滞
に上り、それが間接には米k凍な
どの、主な食物の収櫻を稗すこと
にもなりまして、我が困の凄産物
を晒すことになり、非肝時のお役
に立つことにな右のです.そして
それだけ農家の方々の環荷を.軽
くすることになります.
 それぽかりではあ叶ません.太
陽の光の中で土に現しむことは、
鴇一身池のためになり、そねがま
た大きな紫しみとなる屯のです。
今日職時下の閥民は.もつと強く
逢しくならなければならないと叫
ばれてをりますが−棚倉の人が且
(3工)

周日や胡早く.袈地の利伺に汗を
流して働くことは、このためにも
犬挺良いことです.
 それでは嬢地を利相して栽増す
る均合は.どういふ用意があつた
ら上いか、またどういふ作物を選
んだら良いか、ここでは御家庭の
小さな野菜畑を主として申し上げ
て見ませう。
特赦払出七海舟#の拗ゑクけ
 治仙具と肥料は

 先づ妨】に必雀なのは造兵と肥
料です.道具には士を掘る鍬とか
スコップ.さらに水梱とか柑など
の道具が葬りますが、今日では出
家にも濃具は充分行きわたつてゐ
ない状態ですから、造兵はお互ひ
に貸し合つて.〓氷るだけ手持の
もので済ますやうにエ犬すれば.
ごく簡単なもので間に合ひます.
 肥料としても、下肥とかまた魂
や論集、雑草、ごみなどを礪らせ
た堆肥.それに火鉢やかまどの下
などの荻.また落葉や難.ごみな
どを燃した荻を使へばよろしいの
で†が、お菟折から出る貯兼の庸
とかお放り僚などは落斐やごみ琴
と一緒にして、鮭の隅にでも穴を
珂つて入れておいて、時々下水な
どをかけて隣らせますと堆肥が出
来まナ。かういふふうに、お山費所
の舵物を利用しますと、労力不足
の折から、これを成分する手も省
くことになりまtて、一手両得に
なりますから、お基折の傑物の利
用といふことは特におすすめした
いと存じます.そして肥料としま
しても、自分の家にあるもので済
ますやうに放しませう。なほ下肥
を容と秋の作付期に十分施してお
きますと、殆ど外に何んの肥料を
やらないでも.作物は育ちます.

 さて何作りませう
 これで一泡り鍵血糊がととのひま
すと、次は作物ですが、春挿野菜は
今呪準撃しておいてお彼岸頃か
ら架行にとりかかりますと、立濃
に収税をあげることが出来ます.
 この帯締き野菜としましては、
馬鈴感−とか里芋とか蕗華丁、小蒲、
噂無大根.菜豆などが普ですが
また茄子やトマト等は萌を買つ丁
頼付けるのが上ろしいのです.少
し康いところでほ、小豆や唐もろ
こし、甘髄等が良いと存じます9
これらの痢芋丁や酋も.瞬粗などで
触洩し合ひ、無駄がないやうに成
つて頂きたいものですが、山長林省
では先頃つるなや、小兆.時撫大
根、菟豆、藻類革などの稲子.入
†萬袋を十五の府腕に配りまし
た。
 さて、これで御家庭向としての
各地の利用法について申し上げた
ので†が、国漁としての大勢の力
によつて轟地を利用†る場合には
作物の収穫も史がずつと絶えて参
ります。徒つて影替も大きいわけ
ですから、関係の役断とか、負魯
とよく連絡をとるやうにして、作
物を避ぷにも囲の食粗埼敷計立と
歩調を合せて、自ら囲の計丑の一
部を行つてゐるのだといふ】猟持
で、努力していただきたいと存じ
ます.
 近代の仙叫坤は園の全力をおげて
の勒ひと申しますが、この食塩D
増産についても、四民が盤丁つてそ
の全力をあげることが何よりも必
要です。どうかたとへ一杯の上地
でも、活かして赫ハうやうにカを毛
していただきたいと#じます.
    (二月二十入日澱靂U