×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食糧増産計画の概要について

 政争をしてゐる今日、食べ物に
心配がないやうにすることは最も
大切なことですが、しかし食ヾ他
のうちでも大事なお米が足りなく
なつて水たことほ御乗知の洩りで
す.
 お米ほどのくらゐ葬るか
 我が開会地では一晩どの位お米
が破るかと申しますと、これほ毎
年多くなる二万でありまして、昭
和十年には八千七胃嵩右黎つたも
のが、昭和十四年には約一億ll芭
大京石に意してをりまして、一人
あたり一年に一石強を食べる勘定
になります.
 これに勤しまして、我が国では
内地や朝群議拷でとれる米をl持
にしまして、大漁宜べる分は賄つ
ていくことが出来たのでありまし
て、昭和十三米叔年乾から昭和十
四米穀年度にうつるときは、内地
では入宮古石といふお米が持越帯
としてあつたので†.何この米野
年鑑と申しますのは、普泡の年庇
の考へ方と逢つてむりまして、新
米が出てくる時む擦準として、前
の年の†−月一8からその年の十
月塩を一年庇と放へてをります.
 としろで、これが十四米破年度
から十五米赦年度に移るとき、つ
まり−昨年の秋には持越の分とし
てのお米は.四冒六苫石に滅つて
しまひました.同じその年にほ朝
鮮がひでりのためお米の収埠が一
千首石も少くなりました。そこで
お米の供給が鰐屈になつてきたの
でありまして、政府では皆橡にお
米を血耶杓していただくやうにする
と共に、}方では外聞のお米を輸
入したりして、お米の不足を防い
で来たのであります.
 ところで昨年のお米の収漣もま
た内地も、朝鮮も、一重滞も平年に比
ヾるとお米の収穫は少くなつてを
りま†.昨年の収税は内地が六千
入十七布石で前の年にくらべると
約八百落石少くなつてをり、朝鮮
は二千百五十音石で前の年に比べ
ますと的六百入十五苗石ふえてを
勺ますが、平年作より約苫七十布
石樺少く、叢滑の二期作つまり秋
の収礫は≡官六十入京石、これは
前の年上り百五十井右少くなつて
をりまして.併せで我が山田全捷と
して月ますと一昨年の秋の牧機上
り柏常少くなつてをります.
 かういふ状放ですから、昨年採
れたお米ばかりに期待することほ
出来ません.どうしても今後益丁
お米の節約につとめなければなり
ませんが、一・万では弛んで増産計
牽かたてて食塩の牧堆をhや†や
うにしなければな〜ません.
 それではこの尭雄ほどういふふ
うにして、その収】礁をふやナかと
申しますと、碧政府で弁据檜蛮
計窒を桝ててをりますが、次にそ
のあらましを申し上げることに致
しませ〜.

 増車計韮の方法
 との計室には柏督長い期間に亙
つて行ふ根本的なものと、さしあ
たつての急に備へて行ふものの二
つがありますが、柏常長い抑湖に
亙るものは.これは内地で粂へる
分は内地で出来るだけ鵜ふやづに
く2市)

にほ、特に兵家の方々の熱心な和
努力をお願ひする項銘ですが.政
府でも兵林省の中に「全社埼鎮鞍
稗中央水郷」を竣け各道府将には
地方本部を僚さ、全図の農曾の接
触や技手また経験の潔い盤家の方
方を動員することになりました。
そしてこのため十五年度と十六年
度を併せて、雷ニ†五革二千卸の
破算をかかげてをりま†.
 とれと同時に農村の中心として
め、農薬報国の精紳に燃える農村
の中堅の人物を動員することにな
り、毎年生国で現に農村の中心と
なつて倣いてゐる人たちの中から
一首五千人影過らんで、茨城願の
内原訓練所で約l箇月の訓練を行
ふ確定であります9
 人間この食粗糖麗計宅の一つ一つ
の事項については、今後また泡薗
な持合に申し上げることに致しま
ナ.  ハ二月二十−8放逮)