×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

今次不肖図ラズモ 大命ヲ拝シテ、時艱克服ノ重任ニ膺ル。恐懼感激ノ至ニ勝エザルナリ。乃チ旧套ヲ脱シ清新摯実ナル内閣ヲ組織セントシテ微力ヲ尽シ、既ニ親任ヲ辱ウシテ夙夜タ励敢テ報效ノ誠ヲ效サントス。詔ヲ承ケテハ必ズ謹ム。施政奉行ノ本ハ 聖旨ヲ奉体シテ我國體ノ本義ニ基キ肇國ノ理想ヲ顕現スルニ在リ。刻下内外諸般ノ情勢ニ顧ミ、時務ノ緩急ニ察シ、現内閣ノ政綱トシテ特ニ表明スル所ハ凡ソ左ノ如シ。
一、國體観念ヲ愈々明徴ニシ、敬神尊 皇ノ大義ヲ益々閘明シ、祭政一致ノ精神ヲ発揚シテ国運進暢ノ源流ヲ深カラシメンコトヲ期ス。
一、欽定憲法ノ条章ニ循ヒテ我邦ノ独特ナル立憲政治ノ発達ヲ健実ニシ、民意ニ察シ輿論ニ聞キ、公明ナル政治ノ運行ヲ期ス。
一、国際正義ニ則リ東亜ノ安定万邦ノ共栄ヲ具現セシムルノ目的ヲ以テ挙国一致ノ外交国策ヲ遂行シ、国際関係ヲ明暢ナヲシメンコトヲ期ス。
一、帝国ヲ安泰ニシ其ノ興隆ヲ擁護シ国是ノ貫徹ニ必須ナル国防軍備ヲ充実スルト共ニ生産力ノ増進ヲ図ル等国力ノ基根ニ培ハンコトヲ期ス。
一、内外ノ経済情勢ニ適応シテ産業ノ綜合的発達ヲ希図シ、保護ノ施設ト共ニ適切ナル統制ヲ実施シ、而モ国民創造力ノ発揮企業心ノ勃興ヲ助長センコトヲ期ス。
以上期スル所ヲ達成センガ為ニハ、矯激ヲ排シ因循ヲ戒メ、時世ニ適合シタル革新ヲ断行セザルベカラズ。義必ズ時ニ随フベキナリ。即チ懸案タル庶政一新ノ実ヲ挙ゲ国民生活ノ安定ヲ図リ人心ノ不安ヲ解除セシメザルベカラズ。今後行フベキ諸般ノ政策ハ著々之ガ具現ヲ企図スベシ。顧フニ内外世相ノ錯綜シテ世或ハ適帰スル所ヲ知ラザルモノ其ノ淵源実ニ協同ヲ疎ジテ個我ニ執着シ利害ヲ追ウテ対立抗争スルニ存ス。故ニ和ヲ以テ貴シト為ス。事理自ラ通ズベシ。
現内閣ハ私ヲ滅シ公ニ奉ジ、偏党有ル無シ。今ヤ 大命ヲ拝シ施政ヲ奉行スルニ方リ、赤誠ヲ披瀝シテ一意革新ノ方途ヲ講ジ、以テ洪猷翼賛ノ道ヲ完ウセンコトヲ期ス。

 昭和十二年二月八日
          内閣総理大臣 林  銑十郎